山神トンネル

わりぃ じゃぁ、書きます ちなみに、高校生の書く文なので読みづらいところや至らない点が多いと思いますがご了承を アレは今年の六月の初めかな? 友達三人 仮にI,S,Kとする Iと俺は元中で別の高校 Sは同じ高校の友達 KはIの後輩 まぁその辺はどうでもいいんだけど そいつらと神奈川の七沢にホタルをみにいったんだ で、結局行ったはいいんだけどホタルは見れず ズンダバってとこでラーメン食うだけになっち...続きを読む

学校の怪談

子供の頃学校で聞いた話の寄せ集め 場所が東京大空襲でかなり被害を受けた場所だから「学校の怪談」なる話も多い。 ・小学校 戦時中、多くの人が逃げ込み多くの人が亡くなったらしい。 ジャングラジムっていうのかな。なんか細い鉄骨でできてるのぼり棒みたいのあるでしょ? 今はなくなってるけど俺が在学中はあってさ、よく足を滑らせて怪我する人が多かった。まぁ子供って言うのもあったからなんだろうけど。 戦時中はプー...続きを読む

おてて

高校生の頃、いっつもつるんでいた友達Aの誕生日を祝おうってことになった。 当日、その友達を含む仲の良かった連中と、いつもの広場に集まって、 そっからしばらくゲーセン行ったり卓球したりと楽しんでいた。 気づけばあたりは薄暗く、いつも通りの遊びのままで終わりそうになったその時。 「肝試しにでもいかない?」と、Bが言い出した。 私はその類の話は苦手ではなかったが、正直言ってつまらなく思えた。 何より、友...続きを読む

極度の嫉妬

芸能人の怪談で言ったら昔ごきげんようで、リュシフェルってバンドのVo.が話してた生き霊の話が怖かった それは彼がバンドを率いて全国ツアーを行っていた時のこと 彼がツアー先のホテルでベッドに腰を下ろして一息ついると、急にベッドの下から何者かに足首を掴まれた 驚きのあまりに飛び上がるも掴んだ手は離れない するとベッドの下から伸びた手は足を掴むに留まらず、そのまま彼をベッドの下に引きずり込もうとし始めた...続きを読む

白いワンピースの女の子

私がこの町に引っ越してきたばかりの、小学校6年生の時のお話です。 小学6年生の三学期ー。 そんな、中途半端な時期に、私は今の町に転校して来ました。 元々、町自体が小さい場所ですので、生徒達は幼稚園や保育園から一緒の子達が殆どで、生徒達の輪やグループは完全に完成されたものでした。 なので、小学6年生の三学期という時期に転校してきた私は、明らかに異分子で、更に中途半端な時期に来た事もあり、明らかに異質...続きを読む

ブーメラン

うちの妹の話です。 実話なので恐くなかったらすいません。 妹は明るい性格で美人なんだけどあまり人に強く言えない性格。 実家が裕福だったのもあってやっかみが絶えず、トラブルに巻き込まれる人間でもあった。 妹が何かしたわけでもないのに一方的に嫌われてるということがあった。 その度にその輪の中心にいる奴に不幸が降りかかる。 妹側に問題があって嫌われた場合や、ただ陰口をちょっといったくらいではそういうこと...続きを読む

ループ

初投稿です。読みにくかったらごめんなさい。 これはまだ僕が京都で大学生だった時の話です。 当時バンドを組んでいた僕は、週末の夜になるとバンドメンバーとスタジオに入り練習をしていました。 その日練習が終わったのは夜の一時。季節は夏で、京都特有のけだるい、のしかかるような蒸し暑い夜でした。 そのスタジオは家から遠く、いつもはバスで帰るのですが、時間的にもうバスも走っていなかったので仕方なくタクシーを拾...続きを読む

最後の肝試し

死ぬほどかどうかは分からんが実話をひとつ 息子の学校では毎年六年生が夏休みに運動場にテントをはって一泊するという行事があり、父兄はボランティアで色々な手伝いをしなくてはならなかった 日中は仕事で手が空かない俺が参加出来る手伝いは少なかったのだが、そのなかでも比較的楽で面白そうな肝試しのお化け役というのに参加することにした 前日までの打ち合わせ等は特に無く、配布されたプリントに指定されていた時間に集...続きを読む

呪いの相手

文章書くの苦手だから読みにくかったらごめん。 大学時代、俺にはAという親友がいた。Aは超ハイスペックで成績はいいし、外見・性格共にイケメンだった。(顔はオダギリジョーっぽい感じ)俺は冴えないブサメン・根暗だから、何でこいつが仲良くしてくれるかほんとに謎だった。(嬉しくはないが、塚地に似てるといわれる) それくらいイケメン野郎。そんなAは彼女がいたり、リア充グループに属していてもおかしくないのだが、...続きを読む

札幌の迷い道

一昨日体験したことだけどあまりに不気味だったから聞いてほしい。 リアルに体験したことだからオチとかはないよ。 自分の実家は北海道の札幌近郊の小さな町なんだけど、 たまたま仕事が休みだったもんだから帰省してたんだよね。 そんでもって家族3人(父、母、自分)で札幌に住んでる婆ちゃんの家にご飯食べに行こうってなった。 行きは父さんが車運転して、帰りは俺が運転したんだけど、 ご飯食べて帰る時にはもう夜の8...続きを読む