ドンドンドン
1 / 6page
賽銭泥棒
もう時効だと思うんで書く。 十年以上前の3月、俺は高校を卒業したばかりだった。 取ったばかりの免許に浮かれて、兄貴の車であちこちを走り回っていた。 ある時、俺は
投げ穴
投げ穴 昔の体験です、絶対信じてくれないだろうけど書くわ、口止め されてるけどこの事実は世の中に広めないとダメだと思うから。 万一、俺が殺されないとも限らないの
鬼伝説の山
俺が中学生のときだった。 いじめられっこだった俺は、夏休みになると祖母の住む田舎に帰省していた。 山に囲まれたA野という地区で、もともと俺の家族も暮らしていた。
霊柩車
738 名前:怖かったので転載 投稿日:2001/01/15(月) 15:56 Kさんという若い女性が、両親そしておばあちゃんと一緒に住んでいました。 おばあち
自首した理由
695 叔父の話 2005/07/16(土) 18:58:03 ID:0jHumlCq0 それでは投下させてもらいます。 俺の親戚に元刑務官って人がいる。 その
叩く音
924 名前:プッサン 投稿日:2001/05/24(木) 05:38  ぼくの住んでいるアパートは大学のすぐ近くにあります。  いわゆる下宿というやつです。
怨念憑依
この話の本編を公開する前にお話しなければならない事が御座います。 と言いますのも、この話、過去に二度しか語ったことが無いのです。 その理由はつまりこうです。 一
ビデオの男
276 本当にあった怖い名無し 2008/01/11(金) 17:39:00 ID:EWK55QgT0 文章下手ですが大目に見てやってください 私は大手チェーン
叔母の気配
482 本当にあった怖い名無し 2008/01/14(月) 19:00:25 ID:9/sVDHNg0 文才ないからまとまりない。ごめんよ もう10年位前になる
訪問
38 訪問1 2007/12/18(火) 16:06:40 ID:bM3ETaGh0 少々長いがお付き合いをば。 AとB、二人の若者がドライブをしていた。突然目