チャイム
1 / 17page
預かり物
学生時代に引っ越したアパートでの出来事で、 思い出しながら書いているので、一部曖昧な部分もある となりの部屋にチャラい感じのチャラ男が住んでいた 自分は比較的真
娘と狛犬
5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引き、3回連続で凶が出た こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った 「それ、どうしたの?」
禁足地
まとめるの下手で長い&読みにくかったらすみません。 自分的には凄い怖かったんだけど… 初めて旦那の家に行ったのが11年前、私が18歳の時。 当時旦那は父親と大喧
お届け物
日曜日の昼下がり、ぼんやりとテレビを眺めていると、チャイムが鳴った 玄関へ行きドアを開けるとそこには、黒一色のワンピースを着て頭に赤いカチューシャをはめた 四十
侵入者
二年前の不思議な体験。 当時俺は九州のド田舎の某ボロアパートに住んでた。 薄給な俺は仕事とバイトを掛け持ちしても安いアパートの家賃を払うのがやっとだったんで水道
呪いの相手
文章書くの苦手だから読みにくかったらごめん。 大学時代、俺にはAという親友がいた。Aは超ハイスペックで成績はいいし、外見・性格共にイケメンだった。(顔はオダギリ
田辺メール
10年前の話。 当時付き合ってた彼女(Y子)と別れて 一週間後くらいに知らないアドレスからメールが来たのが始まりだった。 かいつまむと 「突然のメール申し訳ござ
Kの直感
中学の時からの友人でさ、Kって言う女の子がいるんだが、その子の話をしたいと思う。 うちの中学は二つの小学校から生徒が入学してくるんだけど、Kは俺とは別の小学校か
チャイムおばさん
大分の俺が住んでた地域では誰もが知ってる話し 夜19時から深夜にかけて、ほぼ毎日ご近所の家のチャイムを鳴らして「こんばんわー吉岡でーす、お届けに参りましたー」
ワープ
641 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2000/12/17(日) 22:23 会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさんとしますね)のお話。