預かり物

学生時代に引っ越したアパートでの出来事で、 思い出しながら書いているので、一部曖昧な部分もある となりの部屋にチャラい感じのチャラ男が住んでいた 自分は比較的真面目なタイプだったのでチャラいヤツは好きじゃなかったが、 自分の実家から届いた食べ物を持っていったり、 お返しにお菓子や飲み物などを分けてくれたり、 歳も近かったので時間が経つと普通に話したり交流するようになった お互い干渉しない仲だったの...続きを読む

娘と狛犬

5歳になる娘と散歩で立ち寄った神社でおみくじを引き、3回連続で凶が出た こんな事もあるのかと驚きながら家に帰ると、嫁が訝しげな顔で言った 「それ、どうしたの?」 見ると、娘がいつも抱いていた犬のぬいぐるみが無くなっていて、代わりに神社にあった小さな置物の狛犬を抱いている 娘に聞くと神社にいた時、宮司姿の男が現れていきなり娘の腕を掴み、何処かへ連れて行こうとしたらしい その時、抱いていたぬいぐるみが...続きを読む

禁足地

まとめるの下手で長い&読みにくかったらすみません。 自分的には凄い怖かったんだけど… 初めて旦那の家に行ったのが11年前、私が18歳の時。 当時旦那は父親と大喧嘩の末半絶縁状態で、実家から離れた祖母の家にずっと住んでて、私も彼の家に行く時は祖母の家に遊びにいってたのね。 付き合って1年くらいしたころ、ようやく旦那と父親が和解したとかで、旦那も実家に戻り、そのタイミングでようやく家に招いてくれた。 ...続きを読む

お届け物

日曜日の昼下がり、ぼんやりとテレビを眺めていると、チャイムが鳴った 玄関へ行きドアを開けるとそこには、黒一色のワンピースを着て頭に赤いカチューシャをはめた 四十代後半ぐらいの女が立っていた 「お届けものです…」女は籠に入った何かを唐突に俺に突きつけてきた 「えっ、なんすかこれ?」 という俺の至極当然の問い掛けを女は完全に無視して「これにサインか印鑑を」と言った 「いやサインって、これ新聞紙じゃない...続きを読む

侵入者

二年前の不思議な体験。 当時俺は九州のド田舎の某ボロアパートに住んでた。 薄給な俺は仕事とバイトを掛け持ちしても安いアパートの家賃を払うのがやっとだったんで水道代や光熱費を気にした。 水道も出来るだけ使わず、夜中でも電気を殆ど付けなかった。例えば「爪切りどこあったっけ?」となったら電気を一瞬つけ、爪切りの位置を一瞬で確認し手探りで爪切りをとる。 といった具合だ。だから俺の部屋はいつも暗く、俺自身あ...続きを読む

呪いの相手

文章書くの苦手だから読みにくかったらごめん。 大学時代、俺にはAという親友がいた。Aは超ハイスペックで成績はいいし、外見・性格共にイケメンだった。(顔はオダギリジョーっぽい感じ)俺は冴えないブサメン・根暗だから、何でこいつが仲良くしてくれるかほんとに謎だった。(嬉しくはないが、塚地に似てるといわれる) それくらいイケメン野郎。そんなAは彼女がいたり、リア充グループに属していてもおかしくないのだが、...続きを読む

田辺メール

10年前の話。 当時付き合ってた彼女(Y子)と別れて 一週間後くらいに知らないアドレスからメールが来たのが始まりだった。 かいつまむと 「突然のメール申し訳ございません。 僕はY子さんとバイト先(某コンビニ)が一緒の田辺と申します。 実はY子さんのことが好きになってしまいました。 彼氏だったオレさん(実名書かれてた)に相談したくてメールしました」 まずお前誰だと。いきなり知らない人にメール? しか...続きを読む

Kの直感

中学の時からの友人でさ、Kって言う女の子がいるんだが、その子の話をしたいと思う。 うちの中学は二つの小学校から生徒が入学してくるんだけど、Kは俺とは別の小学校から来た女の子だった。 から、初めは接点なかったんだけど、Kが下らない理由でいじめられてたときにK自身がばっさりといじめっ子達を撃退して、それからこいつまだ中1なのにすげーな、って思ってたのは覚えてる。 そんな感じにしっかりした子だったし、顔...続きを読む

チャイムおばさん

大分の俺が住んでた地域では誰もが知ってる話し 夜19時から深夜にかけて、ほぼ毎日ご近所の家のチャイムを鳴らして「こんばんわー吉岡でーす、お届けに参りましたー」 って言って去っていく通称チャイムおばさんって人がいた お届けになんて言ってるけど別になにか お仕事とか親切でなんか届けてるわけじゃなくて おそらく病気でそういう行動してるんだと思う まぁ皆「また今夜もきたか…」くらいな感覚でいつも無視してる...続きを読む

ワープ

641 名前:あなたのうしろに名無しさんが・・・ 投稿日:2000/12/17(日) 22:23 会社の後輩に聞いた、その子の友人(Aさんとしますね)のお話。 Aさんが小学生の時、積極的だったAさんは、休み時間に校庭で皆とドッジボールをして、チャイムが鳴ったので1番に教室にかけ込んで行った。 クラスの子全員で遊んでいたので、当然自分が1番だと思って 教室の扉を開くと、全員が着席をしていて、担任の先...続きを読む