宝探し

一週間前かな? そんなに前じゃなかったかも。 兎に角暑い日だったなぁ。 蝉がミンミン鳴いていて、木陰にいてもとても暑かったんだ。 「なぁ、たっくん。実は良いとこ見つけたんだ」 亮は垂れたアイスがついた指をしゃぶりながら僕に言った。 「いいとこ?」 「そっ、いいとこ。 でもさ、一人じゃ駄目なんだってさ」 亮はアイスのバーに当たりと書いてなかった事に腹を立てたのか、バーをぼきりと折ると、思いっきり投げ...続きを読む

輪廻

寒さで凍える夜・・・ 午前零時過ぎ・・・ 新宿歌舞伎町のスタンドバー。 私は仲の良いH刑事に、 「何かいいネタはないか」 と取材中だった。 当時、監修を任されていたTBS連続ドラマ『私、味方です(館ひろし主演)』の監修に役立てるためだ。 話が弾んでいたころ、彼のポケットベルが鳴った。 新宿署と連絡をとった彼が、 「今、コロシがあった。ゲンバは目と鼻の先だ。行くか?」 と。 私はこれまでにも幾度とな...続きを読む

ガラス戸の向こう

この事件がおこるまで、俺は心霊現象肯定派だった。 でも今は肯定も否定もしない。 今から12年前、俺は仕事の都合で部屋を引っ越す事になった。 その部屋は会社が用意したもので、引っ越し等も全て業者にまかせ、引っ越しが完了して初めてその部屋に入った。 ドアを開けたその瞬間、すごい線香の臭い、そして今まで感じたことのない寒気、 『これはかなりやばいかも』 と自問自答しながらも奥の部屋に荷物を置いた。 間取...続きを読む

怨念憑依

この話の本編を公開する前にお話しなければならない事が御座います。 と言いますのも、この話、過去に二度しか語ったことが無いのです。 その理由はつまりこうです。 一度目に話したのは高校の修学旅行の時でした。 私の話を聞くためにクラスの全員が一部屋に集まっていました。 もちろん他のクラスの人間はその事を知る由もありません。 1F南棟横一列の五部屋が私のクラスに与えられた部屋割りでした。 その五部屋の丁度...続きを読む

着物の少女

772 本当にあった怖い名無し sage 2005/07/26(火) 18:17:06 ID:amlXWpEo0 着物の少女  毎年夏、俺は両親に連れられて祖母の家に遊びに行っていた。 俺の祖母の家のある町は、今でこそ都心に通う人のベッドタウンとしてそれなりに発展しているが、二十年ほど前は、隣の家との間隔が数十メートルあるのがざらで、田んぼと畑と雑木林ばかりが広がるかなりの田舎だった。 同年代の子...続きを読む

コンセント

640 本当にあった怖い名無し sage 2005/08/11(木) 14:21:40 ID:JCjZUC3D0 俺が最近、ネットで読んだ怖い話 「コンセント」1/3 最初に気付いたのは散らかった部屋を、僕の彼女が片付けてくれた時だった。 僕は物を片付けるのが苦手で、一人暮らしをしている狭いアパートは ごみ袋やら、色々な小物で埋め尽くされていて、結構な状態だったから。 といってもテレビで出てくるほ...続きを読む

大司令症候群って・・・

884 コピペ隊 sage 2005/08/13(土) 20:33:49 ID:0bpzzD9a0 Q: 私は27歳女性です。【0580】あやつり人形のように体を動かされたという体験をしましたで、林先生はさせられ体験であると回答されていました・・・。 それは医学のお立場からの回答と思われますが、間違っています。正しい知識をみなさまにお伝えするため、私はこのメールを書きました・・・。 あれは、大司令...続きを読む

行方不明の彼氏

210 おかきさん 2005/08/31(水) 13:12:19 ID:/v4LkmRqO 何だか頭のなかがこんがらがってますが、書き込ませて下さい。 8月に入ってから、恋人と連絡がとれなくなったんです。 最初はただ単に振られたのかなと思ってました。 でもあの人がいなくなってから、変なことばかり起こります。 私は霊感とか全く無いし、鈍感です。 211 本当にあった怖い名無し sage 2005/0...続きを読む

聖域

840 名前:長文スマソ 投稿日:02/02/18 07:04 よそからのコピペ。私は怖いというよりぞっとした。誰も入ることの出来ない 聖(?)域が今だ日本に残ってるかも?と考えるだけでワクワクする。 多分筆者と息子はデムパだけど。 禁断の田代峠奥 高橋コウ(山梨県)の手記 ◎タブーの山への挑戦  私の住んでいる山形県最上町は、宮城秋田両県の県境に近い場所で、奥羽 山脈のほぼ真ん中に位置している海...続きを読む

選り分け

571 本当にあった怖い名無し 2005/09/07(水) 20:09:01 ID:6fyfbR2z0 この話は自己責任でお願いします。 大正時代,昭和初期と鉄工所の景気が非常に良かったそうだ。 或る町にやはりそれなりの景気を誇る鉄工所があった。 何代か続いたけど,時流に取り残されて潰れてしまった。 経営者である男は負債を整理していたが,結局売れるものを 全て売っても負債は片付かなかった。 責任感...続きを読む