洒落怖
同棲

この怖い話は約 3 分で読めます。

約3年前。
東京で、私は当時の彼女の部屋に転がりこむ形で同棲していた。
1DKの普通のマンション普通の部屋。4階、あるいは5階だったかな。
特徴があるといえば、部屋にボタンを押すと電動で降りてくるベッドがあった。
ベットをある程度の高さ(180cmくらい)まで降ろし、ハシゴをかけて昇る。
後は本当に普通で、玄関を入るとキッチンとユニットバスがあり
そこを仕切る曇りガラスのドアを開けるとダイニング(ベット、テレビとか)。
後は、ベランダ。

私はいつも夜勤で、彼女は資格の学校に通ってたから生活リズムは全く違う。
私が帰ると彼女はいないし、私が出勤した後に彼女は帰るという生活。
顔を合わすのは土日くらい。

同棲してから大体一ヶ月後。

私がいつも通り、部屋に帰って、ベッドに座って壁によりかかりながら漫画を読んでいた。
昼の12時くらい。
ドンドン、とよりかかっている壁を叩く音がした。何回か繰り返された。
うるさいな、と思いつつ眠りについた。
その後、それが何回も続いた。

813 その2 sage 2007/07/30(月) 22:29:02 ID:WAYAaXN70

土曜日に、彼女にその事を話した。
隣の部屋の奴、うるさいけどどんな奴が住んでるのか知ってる?
少し、困惑した顔で私を見る彼女。少し、間をおいて、彼女が喋る。
ここ、角部屋だから、隣の部屋、ないよ?
そう教えられても到底信じられない。
部屋を出る。隣の部屋を一緒に確認していく。
確かにない。というか、まっ平らな壁。でも、その外の壁から明らかに
私達の部屋の高さを叩いている音を、私は何度も聞いた。

まー、なら気のせいだね。
そう話してその日は寝た。やっぱりそれもお昼くらい。
夕方に目が覚めた。壁を叩く音で。二人ともその音で目が覚めた。
やっぱり、音するね。
不気味だけど、そこまでうるさい音じゃないし、二人とも気にせず普通に話していると
音はいつの間にか、鳴り止んでいた。

それからも、壁を叩く音は時々鳴った。
でも、慣れるもので、怖さや不気味さは既になくなっていた。

それからだった。

814 その2 sage 2007/07/30(月) 22:29:39 ID:WAYAaXN70
それからだった。

私はいつも一人で寝る時は、電動で降りてくるベットの上で寝ていた。
何か楽しいし。
ウトウトしている時に、間の曇りガラスのドアが開いた気配がした。
あぁ、お昼だし彼女が忘れ物でも取りに帰ってきたのだろう。
あれ?何か忘れ物?
と声を掛ける。応答がない。
不思議に思い、身を乗り出して部屋を覗く。
誰もいない。
ベットから降りて、間のドアを確認すると、確かに開いている。
ドア、閉め忘れたのかな?
玄関のドアは鍵閉めている。その時、念のためチェーンもしておく。
間のドアも閉めて、また電動ベットに登り、ウトウトする。

この怖い話にコメントする

同棲
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています