担任からストーカー

また、都内在住で小学6年生の娘を持つ橘沙織さん(仮名)は、愛娘から衝撃の相談を受けた。

「担任からストーカーをされてると言うんです。
意味がわからず、話を聞けば、どころか体の関係を持っているとまで……。
娘の言葉ひとつひとつが胸に穴を開けていくような感覚でした」

先生と体の関係を持った娘。
それも小学6年生だというのだから、親の落胆は想像するに難くない。

「正直なところ、その前から娘が処女ではないのは知っていました。
通っている地域のバレーボールチームの先輩とそういうことになったと、本人から聞いてましたので」

橘さんは「驚きましたけど、娘に聞くと小学校5、6年で経験する子は多いみたいです」と続けた。

「最初は学校外で先生とLINEを続けていたそうです。
それである休日に先生と2人でカラオケに行き、『ギューしよう』と言われ、行為に及んでしまったと……。
吐き気のする話ですが、コンドームは先生が持っていたそうです」

その後、先生から彼女へのLINEがしつこくなったという。

「先生は行為を認めて、私たち両親の前で土下座をしてきて、示談金30万円を提案してきたんです。
娘のためにも大ごとにしたくなかったのでそれを受け入れました」

担任はそのまま解雇された。
しかし、小学生とガチ恋愛を望む教師が担任だなんて……。
心中お察しする。

― 常識崩壊する学校が危ない! ―

担任からストーカー” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。