子どものころの怖い話
鬼伝説の山

この怖い話は約 3 分で読めます。

その晩、俺はベットに横たわって、これまでのことを思い返していた。
あの少女にもう一度会って、この箱を返そうと思った。
俺の手にはよほど手におえないとわかったからだ。
それに森で感じた気配、ただならぬモノがうろついていることは確かだ。
あれがTとNを殺したのだろうか。
俺はその箱が異形のモノを操っているように思えて手元においておくのが怖くなった。
だが、俺は現在この箱の持ち主だ。呪いを受けているのはUたち。
だったらあの変なものは俺のところにはこないということになる。
俺は息をはいて目を瞑った。今日もすぐに眠れると思った。
その時だった。
「コンコン」
突如、窓が叩かれた。
誰だ。ここは二階のはずだ。
俺の背筋に悪寒が走る。
Uが石でも投げているのかと思ったが、確かに人間の拳でノックした音だった。
窓にはカーテンがしかれていて、向こう側は見えない。
俺は確かめる気にもなれず、布団をかぶった。
「うっうぅ」
うめき声が聞こえた。
昨日茂みからした声と同じだった。俺はさらに強く瞼を閉じる。
ドンドンドンドン!
ノックが激しくなった。

俺はますます震えて、耳を塞いだ。
何故俺のところへ? 箱は俺が持っていて、呪った相手はUたちだ。
髪の毛もいれた。瞬間、俺はここで思い至った。
昨日、喧嘩の最中、俺の髪の毛も引っ張られた。
そのとき、痛みに堪えかねて頭をなでたとき、一緒に自分の髪も手について、そのまま箱に入れた可能性があったのだ。
あの時、えらく動転していたからちゃんと確認していなかった。
俺は血の気がひいた。
しばらくするとうめき声もノックの音も止んだ。
俺は一先ず安心して、汗だくになりながらも、箱を持った。
蓋を開けようとするが開かなかった。息を飲む。

「まずい」
俺も呪われてしまった。
少女に取り消してもらわなければならない。この箱を持っていたのだから、その対処法ももしかしたら知っているかもしれないからだ。
最悪祖母にいって怒られるのを覚悟に、お寺へ相談しにいくしかないだろう。
「うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ!」
俺は飛び上がった。窓の外から大音量で不気味なうめき声が俺の部屋中に響いた。
俺はお札を何枚も壁に張った。今まで忘れていたことを悔やんだ。
再び布団に潜り込むと、ただ朝がくるのを待った。
そしていつのまにか、俺は眠ってしまっていた。

朝、思い切ってカーテンを開けた。
そこには何もなく、田んぼの景色が広がっているだけだった。
お札は剥がれ落ちていた。
よく見ると、お札の表面が真っ黒に塗りつぶされていた。
俺はこの日、部屋から一歩も出ることなく夕方まで過ごした。
Uが死んだという知らせはない。俺のところに奴が来ていたからだと思った。
お札のおかげで助かったのだ。
あの少女に会うには、最初のように逢魔時がいいと思った。
森に入ること自体恐ろしかったが、自分の命がかかっていると思うと気にならなかった。
そして十六時をまわったころ、俺は忍び足で家を抜け出し、森へ入った。
だが、いくら探せど、彼女は見つからなかった。
粘土が大木に打ちつけられているのが残っていて、俺はすぐさまそれを壊した。
俺はいい加減歩き疲れて森を出た。

この怖い話にコメントする

  • 匿名 より:

    中二?乙

  • 匿名 より:

    長い上につまらん

  • 匿名 より:

    序盤は面白かったのですが途中から中二病感がでてきて全然面白くなかったです。

  • 鬼伝説の山
    ここ1週間でよく見られています
    ここ1か月ででよく見られています
    サイト内でよく見られています