鬼伝説の山

瞼を持ち上げるとさっきと別の場所だった。
「ここは……」
「場所を変えた」
俺は頭痛がしてこめかみを押さえる。
「交渉は決裂、か。こうなったら呪いから逃げ続けるしかない」
俺は呟いた。
「無駄だ。あれは影さえあればどこででも現れ、お前を殺すだろう。この世には必ず影がやってくるんだ。逃げ場はない」
「もし呪いが解けなかったら、寿命の件はなしですよね」
「目ではなかったのか」
「寿命です」
「まぁ、焦るな。方法は考える」
するとUが目を覚ました。
「俺、どうして……」
「もう、だめかもしれない」俺はそういった。
「どうしたんだ急に。何が?」
「俺たちは殺される」
「はぁ!? あ、あの化け物に?! そんなのごめんだ! どうにかするっていったじゃないか」
「俺にいわないでくれよ。文句ならこいつに」俺は男を指差した。
「どこ指差してたんだよ誰もいないじゃないか!」
Uには見えていないことを思い出し俺はだらりと腕を下げた。
「元はといえば俺が悪いんだよな」
と、俺はUたちに呪いをかけたこと、だからあの化け物が襲ってきて、TもNも殺された。
俺の不手際でその化け物に狙われることになったことを全て話した。

「なんだよそれテメェ! だから冷静にいられたんだな!」
Uはドスの利いた声をあげた。俺の頬に鈍痛が走った。
Uの拳はなおも飛んできた。俺は血の混じった唾を吐いた。
俺も口を開いた。
「でも俺が呪う理由をつくったのはお前たちだろ! これでおあいこだ! それに俺も呪われたんだ」
Uは舌打ちして、その場にへたり込んだ。
「俺はまだ死にたくない」
「俺だって」
「おいひらめいたぞ」
俺は首をもたげた。男は人差し指をたてていた。
「……本当に成功するんですよね」
「誤算はない」
「……一人事とか、やめろよな」俺はため息をついた。「……そうだな」

俺はしょんべんといって、男を連れ、Uの呑気だな、との嫌味を背中で受け止めながら、茂みの奥へいった。
「で、方法っていうのは?」
「お前たちだけで、あれから逃げるのだ」
「あの化け物から?!」
「その通りだ」
「そんなことしたって呪いが解かれないじゃないですか」
「解くことはできる、うまくことが運べばな」
「その間に何かしてくれるんですね」
俺は男の真意を汲み取った気がして少し音量が上がった。
「いや。私は少し休む」
「っ!?」
「迷っている時間はないぞ」
と、男の指差す先に、クロボウが迫っていた。
Uの叫び声が上がった。俺はUのところへ駆けより、共に走り出した。

「くそっどうしろってんだ」
俺とUは後ろを垣間見つつ逃走する。
Uが先頭を切り、一歩遅れて俺が続く。
後ろから恐怖の圧迫感に押され、俺は無我夢中だった。
クロボウは身体を曲げながら跳ねてくる。
飛躍力がだんだん上がっているように思われた。
Uが茂みに飛び込んだ。俺はその反対の茂みに飛び込んだ。
がくがくと震えながら顔を上げると、茂みを壁として見た葉っぱの隙間から、クロボウが跳ねていくのが垣間見えた。
Uの方にも俺の方にもこなかった。
ただまっすぐに進んでいっただけだった。
俺とUは立ち上がって、クロボウが跳ね去っていった方向を見据える。
「何とか撒けたのか」
Uが呟いた瞬間だった。
Uのずっと後方から瞬間移動したように、クロボウが猛スピードで跳ねてきた。
女々しい声をあげて、俺たちは茂みをかき分けながら走った。
俺は何度も転びそうになった。
突き出た枝や大きな石、捨てられたゴミなど足をとられるものはそこかしこにあった。
案の定、Uが何かに引っかかったらしく、横転した。
「うぬぬうぬぬぬんうぬんぬ」
と狂ったようなうめきをあげたクロボウは容赦なく迫ってくる。
俺は一度止まった足を再度動かそうとした。Uを見捨てようとしたのだ
今思えばよくUのために一度でも足を止められたものだと感心する。

その僅かな逡巡の最中、
俺の視界に黒衣の男の姿が見えた。
森林に立ち尽くす男はただならぬオーラを発していた。
俺は男の力を借りようと思った。
何故、Uを助けようと思ったのかはわからない。
ただ咄嗟に身体が動いたのだ。
クロボウとの距離はまだ開いている。俺は男に見えるようにUの前に進み出た。
「おい!」
Uが手を伸ばしてきた。
進行方向にUの手が現れて、気が動転する最中、
俺にとってそれは確実に邪魔なものだった。
俺はUの手を押しのけた。
その時、クロボウから腕のような触手が伸びた。
それはUの手のあった場所を滑空して、再び主の体躯へ戻る。
Uは俺が突き飛ばしたことで尻餅をつき、クロボウの手から逃れる形になった。
俺はただ男に助けてくれと合図しようと思っただけだった。しかしUはそれをクロボウから助けた行為だと捉えたらしい。
「すまん。助かった」
とUは息も絶え絶えにいった。
すると、クロボウの眼間に木が一本倒れ込んだ。
枯れた樹ではなくさっきまで地に根を張っていた頑丈な樹だ。
男の力だ、と思った。俺はUの手を掴んで走り出した。

そして俺たちは当てもなく突き進む。
しばらく全力で走り続けた。
ランダムに曲がり、獣道さえも通った。俺たちは岩陰になっているところで一旦止まった。
息を整える。
クロボウの姿はなかった。男が完全に追い祓ったとも思ったが油断はできない。
顔を真っ赤にした俺たちは岩の奥に隠れた。そうしなければ安心できなかった。
「もう追って来てないんだろ」
「わからない。また来るかもしれない」
「どうするんだよ、もう日が暮れる。早く森を出ないと」
「シッ!」
俺は枝の折れる音を聞いた。クロボウだ。
Uも口を噤む。岩の隙間から向こう側が見えた。
と、黒い影が重なった。距離があって全体像が見える。
頭部らしき箇所を身体ごとくねらせて、左右に巡らせている。
俺たちを探しているのだ。
俺が覗いていた隙間と頭部の前面が合わさったとき、動きが止まった。
「見つかった」俺は悟った。
刹那、クロボウが跳ねてくる。「出ろ!」
俺は叫んで、岩から飛び出した。Uも続く。
だが岩と岩の間は狭く、俺とUの体がぶつかりあって、とうとう俺は倒れ伏せてしまった。
この時の恐怖ったらない。今までで一番恐ろしい瞬間だった。
ちびっていても仕方なかっただろう。
クロボウからあの手が伸びてきた。
起き上がろうとしていた俺の足を掴みそうになった時、
「あぶねぇ!」とUが俺に体当たりして、俺は無事触手から逃れることができた。

クロボウはまた、そのまままっすぐに跳ねていく。
小回りが苦手らしい。
俺に覆いかぶさったUはその場に尻餅をついていった。
「早く帰りたい」
まったく同じ心境だ。
「ごめん、助かった」――俺は咄嗟に口を噤んだ。
だがすでに遅かった。
絶対にいうことがないと確信していたことを今口にした。
俺はこのときすぐには気づかなかった。
Uの表情は悲痛なものに変わり出していた。
見れば、Uの足先が痛々しいことになっていたのだ。夏ということもありUはサンダルだった。
Uの親指の爪の間に枝が突き刺さっていた。
枝の侵入によって爪が上に盛り上がっている。
血は溢れ出て他の指まで染めていた。見ている俺の足までじんじんしてきた。
Uが歯を食いしばりながら、悲痛な唸り声と共に枝を抜く。
すぐさまTシャツを破り、親指に巻きつけた。
血が浸みてとたんに赤くなった。
「うぬぬうぬぬぬぬうぬぬ」
クロボウだった。このときほどタイミングの悪さを呪ったことはない。
Uがクロボウの手につかまれた。
そのまま引きづられる。
俺はとっさにUの腕を掴んだ。
引き戻そうとするが、尋常ではない力がUを持っていく。
このままではUの手足が千切れるとさえ感じたほどだ。

Uが涙ごえで叫んだときだった。
上空から唐突に岩が落下してきた。
見事に下敷きになったクロボウの手が緩み、Uが解放される。
男の力だろう。
そんな芸当ができるのにいつもギリギリで助けることに俺は苛立ちが募った。
Uを起こそうと思ったが、動けない様子だった。
「やばい腰が抜けて、動かない。それに足も痛い」俺は逡巡した。
Uは歯を食いしばっていた。
「お願いだ。蹴り飛ばしてくれ。そうすれば勢いづくかもしれない」
俺は、前方のわめくクロボウの姿を一瞥して、息を飲むと、Uのいう通りにした。
そして何とか走り出したUと共に逃げ出した。

しばらくして見つけた穴倉に、俺たちは逃げ込んだ。
熊のものだろうか、広さは十分で深さも申し分ない。
俺たちは息を殺して体力回復に努めていると、ふいにUがいった。
「蹴り飛ばされるって結構痛いんだな」
俺はびっくりしたが「だろ」と返した。
「尻、腫れてるかも」
「擦り傷もいっぱいだ」
俺は自分の腕を見た。沈黙が続いたあと、Uが頬をかきながらいった。
「呪われて当然、だな」
俺は何もいわない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。