一人暮らし
侵入者

この怖い話は約 2 分で読めます。

二年前の不思議な体験。
当時俺は九州のド田舎の某ボロアパートに住んでた。
薄給な俺は仕事とバイトを掛け持ちしても安いアパートの家賃を払うのがやっとだったんで水道代や光熱費を気にした。
水道も出来るだけ使わず、夜中でも電気を殆ど付けなかった。例えば「爪切りどこあったっけ?」となったら電気を一瞬つけ、爪切りの位置を一瞬で確認し手探りで爪切りをとる。
といった具合だ。だから俺の部屋はいつも暗く、俺自身あまり騒がしいタイプではないので外から見たら空き部屋のように見えたかもしれない。
さて、ここからが本題。夜中、インドアな俺は真っ暗な部屋の中でPSPをしていた。
音量は1でGE無印やってた。
すると、突然俺の部屋のドアノブが『ガチャリ』と回された
257 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/04(金) 23:48:54.97 ID:sPBSE90n0.net[3/7]
昔から俺は部屋でエロ本読んでても僅かな音や気配を感じると一瞬でエロ本を隠し、母の目から逃れるという危険察知スキルを磨いていた。
そのためドアノブの回る僅かな音をおれは聞き逃さなかった。
素早く音量の-ボタンを押し、電源のスイッチをシャッ!と上にはね上げるとPSPを抱え込んだ。
この間0.5秒。20年の年季が入った技である。
そして、それと同時に俺は考えた。『チャイムも押さずに入ってくる知り合いなんていたか?』。
悲しいことに、俺にはそんな気の置けない友人がいない。それに、宅急便とかなら呼び鈴くらい鳴らすだろう。俺は息を殺し、真正面にある玄関ドアを睨みつけ、誰かが入ってくるのを待った。
258 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/09/04(金) 23:49:33.25 ID:sPBSE90n0.net[4/7]
ドアがギギギ…と不快な音を立てて開いた。さすがボロアパートのボロドアだ。

この怖い話にコメントする

侵入者
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています