子どものころの怖い話
血筋

この怖い話は約 3 分で読めます。

子供のころの話で、しかも自分の体験じゃないんだけど
毎年、夏になると父方の祖父母の家に遊びに行ったのね。
夏以外も行ったんだけど、夏は必ず毎年行った。
父はいないこともあったけど、母と兄と姉と私は必ず。
祖父母と母は、特に祖母が母を大事にしてる感じだったから、
血縁が無いとかあんまり気にしたことなかった。

祖父母の家の裏は山があって、祖父の持ち物らしいんだけど
私たちは祖母に『おじいちゃんかお母さんと一緒のときじゃないと
絶対に入っちゃ駄目』って言われてた。
祖母は足が少し悪かったから、山には入れなかったんだ。
山で竹の子採ったり山菜採ったり栗採ったり柚子採ったりね。

15 2 2012/07/25(水) 10:31:02.06 ID:oXvoMXMZ0
で、その年は父が仕事の都合であとから来るっていってて、
母と私たちだけで先に祖父母の家に行ってた。
兄はもう小学校高学年だったから、ばあちゃんの言うこときかないで
山に勝手に入ったりしてた。

父が来る日、母が駅まで父を迎えに行って、退屈した私たちは
3人で、山に入っちゃったんだ。
兄がこっそり入ってるのはばあちゃん知ってたらしくて
兄は『迷子になったら大変だからやめなさい』って言われただけだって
言ってて、私はともかく、兄と姉はもう小学校高学年だったから
『大丈夫だよね』って言いながら。

17 3 2012/07/25(水) 10:39:15.23 ID:oXvoMXMZ0
山に入って5分もしないうちに、姉が『けっこう人いるんだね。
うちの山なのに…勝手に入ってるのかな』って言い出した。
人なんかいないのに。
直後、姉が『ぎゃーーーーー!!!!』って叫んだ。

兄も私も何がなんだかわかんなくて、逃げる姉を全力で追いかけた。
兄が姉を捕まえた時には姉はもう涙ボロボロ流して
『なんで…お兄ちゃんたち…見えないの?あれ…なにあれ…』って
言ってたけど、指差す方見ても木しかない。
兄が家に戻ろうと言ったので兄と姉と3人で、手をがっちり握りながら
ばあちゃんちまで帰った。

山に入って5分くらいで姉がテンパり出して、10分くらいしか山にはいなかったのに
家に戻ったら5時間くらい経ってて、既に到着してた両親にすごく怒られて
山に入ったことを告げると祖父母まで怒り出し、1時間説教された。

この怖い話にコメントする

「血筋」と関連する話(子どものころの怖い話)

血筋
関連ワード
ホットタイトル
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています