チャイムおばさん

大分の俺が住んでた地域では誰もが知ってる話し

夜19時から深夜にかけて、ほぼ毎日ご近所の家のチャイムを鳴らして「こんばんわー吉岡でーす、お届けに参りましたー」

って言って去っていく通称チャイムおばさんって人がいた

お届けになんて言ってるけど別になにか お仕事とか親切でなんか届けてるわけじゃなくて おそらく病気でそういう行動してるんだと思う

まぁ皆「また今夜もきたか…」くらいな感覚でいつも無視してるし家もそんな感じで無視してた

朝にはチャイムおばさんが昨夜 お届けしてくれたであろう結構な量の砂が玄関にぶちまけられてる

まぁこのお届け物はランダムで大量の葉っぱとか石とかたまにお菓子なんかもあって学校では今日はなにが届けられてた~だの また砂だったわ~などで盛り上がったりもしていた

まぁ色々あるといっても主には砂で朝は朝刊とって玄関掃除が日課になってたんだ

んである日のこと 家に親戚一家が遊びに来て 俺と同い年の親戚の子にその話しをしたら俄然興味持って

今日きたらドアの覗き穴から監視してようぜ!みたいな話しになった

俺はなんか知らんけど あの人は無視しなければ行けない人 みたいに教わってたから かなり拒否したけど 最終的に大丈夫だから!とか 俺が倒してやるから!とか言われて 渋々折れた

その日チャイムおばさんは夜19時38分にやってきた 時計見ながら「今日は来ないでくれ!」って祈ってたからかなり覚えてる

ピンポーン

ピンポーン

こんばんわー吉岡でーす お届に参りましたー

って声が聞こえてきた

部屋で待機してた俺と親戚の子はダッシュで玄関まで走るとお互い交互に覗き穴からチャイムおばさんを覗いた

そこには普通のおばさんが大きなビニール袋から大量の砂をぶちまけてる姿があって 俺はそれ見てビビりまくっていたんだけど

その時、親せきの子が何を思ったのか玄関開けてチャイムおばさんに「何してるですか?」

って話しかけた

その瞬間、チャイムおばさんは親戚突き飛ばして俺も突き飛ばして部屋に侵入してきた

俺が起き上がる頃には 他の家族が晩酌してたリビングから ぎゃぁぁぁ!!とかうわぁぁぁ!!みたいな悲鳴が上がってて

ダッシュでリビングに向かうと

なぜか体育座りしなざら体を左右に振りまくってるチャイムおばさんが凄い形相でおばさんの目の前に立ってる俺の妹を睨み付けてた

んっふー!!んっふー!

みたいな呻き声あげながら

妹はもう恐怖で動けないみたいで顔面蒼白でチャイムおばさんを見つめてた

家族親戚皆恐怖で動けなかったんだけど ひとり我に帰った父親がそっと妹に近寄って 手を引いてリビングを出た

その後 無言で他の家族親せき一同もリビングを出て二回の俺の部屋に鍵かけて避難した

一時間近く無言で俺の部屋で身を寄せ合ってたんだけど それからちょっとして親父と親戚のお父さんが 「そろそろおらんくなったかみてくるけん」といって一階に降りていった

まぁそれで親父たちが部屋の隅々まで確認したけどチャイムおばさんは消えてて その後全員で戸締まり確かめて全員一緒の部屋で寝た

次の日俺らはかなり怒られ 大泣きしたの覚えてる

その後もチャイムおばさんは夜には訪れていたが 俺が高校で遠方に進学するのを気に俺だけ大分を離れてしまったため その後のことは知らなかったけど

大学3年なって今年のGWに久々に大分帰ったらあのチャイムおばさんはかなりオカルトな存在になっててびびった

まずあの砂なんだけど今思えばかなりサラサラした砂だったんだ どうやらそれは近くの山の上にあるお城跡から持って来てるらしくて

まぁ入手経路はいいんだけど問題は砂を各家にまくスピードが異常に早い 大体チャイムおばさんが出現するのは19時から深夜0時なんだけど 確実にその時間内に100件近くは回ってる

しかも大量の砂を持って移動してる

にもかかわらず砂を女の人が運んでる目撃証言は皆無に等しいくらいない

もう一つはチャイムおばさんの住所が不明なこと

俺の家の跡にもチャイムおばさんに乗り込まれた事件が一件あったらしく町内の会議で止めるよう求めるため住所を調べようとしたが誰も分からんかったらしい

まぁ一度警察に連絡したらしいから警察とかは分かってたのかも知れないけど

親父やご近所周りではいまだにどこから来てどこに消えるのか謎らしい

最後に今はチャイムおばさんの出現率はかなり減り一ヶ月に一回あるかないかくらいらしい

実際俺もGW中は会えませんでした

とまぁこんな感じのたいしたオチもない話です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。