ストーカー・きちがいの話
チャイムおばさん

この怖い話は約 2 分で読めます。

大分の俺が住んでた地域では誰もが知ってる話し

夜19時から深夜にかけて、ほぼ毎日ご近所の家のチャイムを鳴らして「こんばんわー吉岡でーす、お届けに参りましたー」

って言って去っていく通称チャイムおばさんって人がいた

お届けになんて言ってるけど別になにか お仕事とか親切でなんか届けてるわけじゃなくて おそらく病気でそういう行動してるんだと思う

まぁ皆「また今夜もきたか…」くらいな感覚でいつも無視してるし家もそんな感じで無視してた

朝にはチャイムおばさんが昨夜 お届けしてくれたであろう結構な量の砂が玄関にぶちまけられてる

まぁこのお届け物はランダムで大量の葉っぱとか石とかたまにお菓子なんかもあって学校では今日はなにが届けられてた~だの また砂だったわ~などで盛り上がったりもしていた

まぁ色々あるといっても主には砂で朝は朝刊とって玄関掃除が日課になってたんだ

んである日のこと 家に親戚一家が遊びに来て 俺と同い年の親戚の子にその話しをしたら俄然興味持って

今日きたらドアの覗き穴から監視してようぜ!みたいな話しになった

俺はなんか知らんけど あの人は無視しなければ行けない人 みたいに教わってたから かなり拒否したけど 最終的に大丈夫だから!とか 俺が倒してやるから!とか言われて 渋々折れた

その日チャイムおばさんは夜19時38分にやってきた 時計見ながら「今日は来ないでくれ!」って祈ってたからかなり覚えてる

ピンポーン

ピンポーン

こんばんわー吉岡でーす お届に参りましたー

って声が聞こえてきた

部屋で待機してた俺と親戚の子はダッシュで玄関まで走るとお互い交互に覗き穴からチャイムおばさんを覗いた

この怖い話にコメントする

チャイムおばさん
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています