洒落怖
自殺支援サイト

この怖い話は約 3 分で読めます。

ネットやってるといろんなやついるよな。
荒らしとか冷やかしとかネットでお悩み相談してるやつとか。
そんな俺はいわゆる『引きこもり』ってやつだ。
何度か自殺も考えたよ。
自殺支援サイトって知ってるよな?
一回いったことあるんだよ。
そこでさ、HN『ピロリン』ってやつが仲間を集めてたわけね。
俺も死のうと思って参加したわけよ。
んで、まあやっぱりいかにも過去につらい思い出がありましたってツラのやつが集まったわけさ。
下は15歳ぐらいのガキから上は60超えるジジイまでな。
でも主催者のピロリンだけが来なかったわけよ。

『野郎ドタンバでビビリやがったな』

って思ってよ。
しょうがないから主催者抜きで自殺することになったんだ。
で、そしたら死ぬ前に遺書とか残したいじゃん。
みんなで遺書書いてるわけよ。
俺も遺書書こうと思ったけど、どうせなら電話で昔俺のこと虐待しくさった親父に文句のひとつでも言ってやろうと思って親父の携帯に電話したわけさ。

「もしもし」

「もしもし○和(俺の名前ね)今どこにいるの?お父さんが大変なの!」

電話に出たのお袋でよ。
親父がぶっ倒れたらしいんだ。
驚いて自殺のことも忘れてトンで帰ったよ。
病院いったらもう親父死んでてね。
死因聞いたら殺人だとよ。
胸にナイフ刺されてたそうな。
まあ俺は親父嫌いだったから死ぬ前に親父の死に目が見れてうれしかったし、犯人に感謝したよ。
でも結局それ以来自殺する機会失っちまってなぁ・・・
そういえばあのとき一緒に自殺しようとしてたやつらな。
地方のニュースでやってたけど自殺成功したらしいよ。
それが問題であの支援サイトも閉鎖になってな。
とうとう俺も行き詰まりよ。
なんかその気も失せちゃって、その後はなんとなーくつまらん人生送ってたわけ。

ここまでが19の時の話。
んでこっからが20のときの話。

親父が死んでからお袋変わっちまってなぁ・・・
すっかり生きる気力なくして親父の後追うようにお袋が自殺したよ。
俺はっつうと、一人っ子で身よりもなかったし、こんな家いたくないからとっとと土地売りはらって仙台に移り住んで適当に仕事探してフリーターしてたもんよ。
まあでも俺って学歴も資格もしょぼかったんで、都心じゃ道路整備の仕事とかそんなんしかなくてな。
だるい肉体労働生活してたのよ。
そしたらそこで偶然にも中学のときの後輩に会ってさ。
そいつったらヤンキーやってて、今度遊ぼうぜって誘われたわけ。
で、アーケードわかる?
あそこって10時すぎるとほとんど店も閉まって人通りも少なくなるから。
夜中にそこで待ち合わせしたわけ。
まあ今度仙台いってみそ。
そしたらそいつ(陸っつうんだけど)路上で3人ぐらいのババアにかこまれて

「まあカワイイ♪うちの娘の旦那にしたいわぁ~」

この怖い話にコメントする

自殺支援サイト
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています