僕だけ見えない

434 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/10/28(土) 03:11:08 ID:CJLmAZrh0
「僕だけ見れない」

以前、僕の両親は目の前で車とバイクの衝突事故を見たという。その現場は悲惨だった。
父と母の目の前で、バイクはクルマと衝突し、そしてバイクの人は吹っ飛んで行った。
そしてそのままピクリとも動かず、赤い血がアスファルトを塗らしたそうだ。
当時母は妊娠していて…つまり、僕がお腹の中にいたので、父は母の様態を気遣ったそうだ。

「怖い話だなぁ」
僕は呟く。
場所は車の中。父が運転席、母が助手席、僕が後ろ座席。
3人で週末の買い物に出ていた。

関係ない話だが、僕は車に酔う。酷く酔う。嘔吐を堪え咳き込む位酔う。
他の乗り物は平気なのに。
しかしその日に限って、僕は全くと言って良いほど酔わなかった。
気分もいい。ぼんやりと前の車線を眺めている。
と、

う……
不意に、胸がムカムカした。いつもする様に、窓にもたれ目を瞑り、しばしその不快感をやり過ごし、
「「あ、」」
途端、父と母が気の抜けたような声を出した。
「え?何?」
僕は飛び起きる。
「今…車とバイクが衝突して……人が…ぽーんと飛んでいった…」
「え!?」
慌てて振り返ったが、すでに現場は、僕の目からは見えなかった。
気が抜けたように、僕は窓にもたれ掛かる。
嘔吐感は、もう無かった。

頭の中では、スピンする車、大破したバイク、そして、
血溜まりの中にいる動かない人間が見えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.