洒落怖
トンネルにて

この怖い話は約 3 分で読めます。

933 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/11/01(水) 18:57:52 ID:xco/+y1i0
はじめに:地域特定されない為、言葉は標準語に直しています。

俺たちの関係って師匠シリーズの昆布さんと師匠に似てるような気がする。

俺が所属してる地元の青年会(のようなもの)にいる先輩と一緒に二度目の肝試しをしている時に感じた事だ。
当時から師匠シリーズのファンだった俺は、なんとなく登場人物の二人と自分たちを重ね合わせながら夜の廃屋を歩いていた。
といっても、その先輩は”師匠”ほどぶっ飛んだ人ではないし、普段は常識ある普通の好青年だ。
俺自身も霊感は今までなかったし、多分今もないだろう。
おかしな体験をする原因は絶対に”先輩”だ。というか、それ以外考えられない。

事の始まりは中学を卒業し、青年会に入ってから1年ほど経ったある夏の夜だった。
「どうだい、今から遊びに行かないか?」と、俺と、同い年数人が先輩に声をかけられた。名前をYとする。
彼が主人公である”先輩”であり、俺の4つ年上である。
俺たちは喜んで2つ並んでる車の前の方に乗り込んだ。
メンバーを紹介すると、前の車両にYさん、俺、M(同い年)。
後ろの車両にTさん、同い年の2人(H、Oとする)の計6人。
「どこに行くんだろ?w」
と、いろいろと話しているうちに、車はどんどん街頭がない山道に進んでいった。
「あの・・・Yさん、なんかだんだん暗くなってる気がするんですが・・・。」
俺はこの辺からもうビクつきまくっていた。こりゃ絶対心霊スポットじゃねぇか!
「ああ~、そろそろ言っとかなきゃね、Tトンネルに行こうと思ってるんだよ。」
反射的に逃げ出そうとしたが、そこは走行中の車。成す術がなかった。
霊感があったわけではないし、霊を信じていたわけでもなかった。

934 本当にあった怖い名無し sage New! 2006/11/01(水) 18:58:25 ID:xco/+y1i0
しかし、やはり心霊スポットとなると気が滅入ってしまう。
しかもTトンネルとは県内随一の最怖スポットとして、若者たちの間で噂されているトンネルだ。
とにかく先輩の手前、俺も悲観に暮れている場合ではない。
もしもここで怖がったりしていたら、トンネルで置き去りにされるに決まっている。
「へぇ~そうなんですか、楽しみですね。」
といった感じに明るく振舞っていた。しかし、すでに異変は始まっていた。

同乗していたMが突然「気分が悪い」といって、車を停めてくれと言うのだ。
先輩は「え、ここで!?困るなぁ。」と言って、なかなか停めてくれない。
とりあえず俺がビニール袋を渡したが、何度もおぇっ!おぇっ!となるばかりで、一向にモノは出てこない。
仕方ない、といった表情になった先輩が、車を停め、俺に向かって「中に居ろよ。」と言った。
同い年が気分を悪くしているのに、先輩にそんな事をさせるわけにはいかない。
とMを降ろそうとしている先輩に声を掛けたが、「いいから居ろ。絶対に外に出るなよ。」と逆に釘を刺されてしまった。
後ろの車両を見ると、Tさんも同じようにHとOに外に出ないように言っているようだ。

しばらくしてMが戻ってきた。元気がないようだが、すっきり吐いて気分が良さそうにも見える。
俺が先輩に「すいません。」と謝ると、「いいよいいよ、俺が悪いんだし。」と返された。
「?」と思ったが、きっとこんな山道に連れてきて悪かった、という意味なんだな、と勝手に納得した。

この怖い話にコメントする

トンネルにて
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています