洒落怖
復讐

この怖い話は約 3 分で読めます。

642 本当にあった怖い名無し sage 2008/01/03(木) 11:24:19 ID:Wl3hyzG/0
私が彼と出会ったのは奨学して小学三年生にあがった時だった。
あやとりがうまく、折り紙も上手で、歌も音楽教師を惚れ惚れさせるような少年だった。
彼は音楽が好きで、ただ首から下に麻痺を患っていて身体を自由にうごかせないらしく。
楽器は口笛しかできなかった。
でもその口笛は切ない音色で、楽器を引きたくても自在にひけない哀愁を漂わせていた。

私が彼についてまっさき思い出すのは、美化されたこうした思い出だ。
以下の内容は本当は語るべきでないけれど、胸に閉まっておくには重過ぎるので聞いて下さい。

彼は、哀れな人だった。
彼はその不遇な身体のハンディをクラスメイトにあざ笑われ、
活発に活動できない体のため、男子同士との友好も暖められず。
喧嘩をしても真っ向からぶつかりあえない為、怪我をする前に自分が正しくとも謝るという事ばかり学ばざるをえなかった。
だからだろうか、彼は気弱になっていってしまった。
小学五年の頃、四年からかわっていた教師が彼をいじめだした。
教師は娘の離婚で気が立っていて、彼を事あるごとに殴り。
時に首を絞め。張り倒した拍子に頭をぶつけて出血するなんていうこともあった。
彼へのイジメがクラスメイト達の暴力にまで波及し。
私は、彼が暴力をふるわれた夜には、ママに泣きついた。

一年間もこういう生活を続けさせられた彼は狂った。
彼に向けられた悪意は、彼の中で蓄積していたんだろう。
小学生六年の時に彼は復讐をはじめた。
まず自分をいじめていたクラスメイト達に意図的に近づき。
ゲームを貸してくれたら一日先円払うと言い出した。
私は偶然それを立ち聞きして、彼はお金で歓心を買おうとしだしたんだと思った。
それでイジメがやむならいいとおもった。
でもママには相談した。そうしたらママは怖い顔をしてけっしてその話は誰にもしてはだめといった。
多分ママには、そのときには私の大好きだった彼はもういなくて、悪意の塊で人間を信じずに憎む怪物になったことを察知していたんだろう。

643 642 sage 2008/01/03(木) 11:29:32 ID:Wl3hyzG/0
事実、彼は怪物だった。
イジメっ子達は、小学生でありながら学友を恐喝した事を公にされ、立場を失った。
彼のイジメられっ子という立場は、そのあまりに常軌を逸した事態に消えてなくなり。
哀れな被害者という立場になった。
彼へのイジメはやんだ。
彼は言った。
「あいつら嘘を言ってるんだ、ゲーム一本借りるのに千円なんてはらえないよ。」
「第一千円払うなんていってたら、一ヶ月以上も借りたりしないよ。
あいつら僕をなぐっていったんだ。四万円もってこなかったらもっとひどいぞって。」
彼の嘘には、真実味があった。
なぜなら、彼は勉強はよくできたから、賢い子であるというのは学校の認識だった。
そうして胸をはだける彼の腹部やわき腹には青あざがいくつもあった事が、決定的な証拠となった。
それは、教師含め、彼をつい先日までいじめていたもの達がつけたものだった。
だからこそ、悪魔の論理は、大人も子供も、真実を知っている私とママ以外は信じる事となった。

この怖い話にコメントする

  • 匿名 より:

    登場人物全員糞やんw

  • 復讐
    ホットタイトル
    ここ1週間でよく見られています
    ここ1か月ででよく見られています
    サイト内でよく見られています