洒落怖
おかんの話

この怖い話は約 2 分で読めます。

753 本当にあった怖い名無し sage New! 2007/11/13(火) 11:06:08 ID:yMBRc/Py0
余り怖くない話を2つほど。

まずは自分が体験した話。
布団で寝ていると、突然足に変な感触が。何だこれ?と思っているとその感触は足首に巻きつく様に伸びてきた。
直感で「これは女の人の手だ!」と感じ、慌てて足を振って布団から抜け出た。
手を直接見た訳では無いが、巻きつかれた瞬間に頭に女の人の細い手が頭に浮かんだもんだから・・・。

後、母が体験した話。
お母さんがお父さんと結婚し、マンションから一軒家に引っ越したその日の晩、引越しの荷物も全部開けない内に疲れて眠ってしまったらしい。
それからどの位経ったかわからないが、どこからか犬の声が。
しかもかなり近くで聞こえたという。
お母さんはお父さんを起こして「犬の声が聞こえる」と声が聞こえる所を探した。
そしたら、ダンボールの中の鳴いている犬のおもちゃの傍に、おばあちゃんの遺影があった。
「ああ、おばあちゃんが早く出してって言ってたのね」とお母さんはそう思ったらしい。
その犬のおもちゃは、子供時代貧乏でとてもおもちゃなんか買う余裕の無かった家庭に育ったお母さんが、たった一個だけおばあちゃんに買ってもらったおもちゃだった。
しかもそのダンボールの中で鳴いていた時、即に電池を入れても動かない程古いもの(実際に見せてもらったが、確かに電池いれの部分は錆び付いて使える状態では無かった)で、鳴く筈が無いのだとお母さんが言った。

この世に存在する大部分の怖い話は嘘だと思ってる自分だけど、いまだにお母さんのこの話は本当だと信じてる。

この怖い話にコメントする

おかんの話
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています