洒落怖
イメージ

この怖い話は約 2 分で読めます。

26 sy 2008/05/10(土) 07:44:53 ID:XyluCtAtO
こっちが上にあったので投稿。

あたしは自分の今いる場所をいつでも脳裏にイメージする癖があるんだが、数日前から自分の周辺をイメージしていると決まって妙な人物がいた。
魔女が着るような黒衣に黒フードの細身の人物、おそらく女。フードから覗くアゴは異様に白かった。
とにかく、どこであろうと半径15メートル以内にその女はいたはずだ。
けれど、あたしが自分で想像している恐怖心の産物だろうと思って、そんなに気にしていなかった。

28 sy 2008/05/10(土) 07:52:43 ID:XyluCtAtO
そして今朝。
今日は午前が暇なため、幽体離脱の練習しようとベッドに仰向けで目をつぶっていた。
そしたら、あの女がまだいるんだ。しかもベッドの足側、すぐ近くに。
そいつがあたしのイメージにしろ、いい加減気味悪いし怖いから、適当なゲームキャラを見繕ってイメージの中に出現させ(ヲタでスマソ)、剣で女を攻撃、霧散させた。
そこで目を開けたのだが、ふと小さな恐怖が心を過った。そこで適当にブクマしてあるオカルトサイトを開いたんだ。

そしたら、左脇腹、胃の横らへんに刺されたような激痛。

痛み自体は一秒しないで過ぎたが、今も違和感が残ってる。マーカーで印つけられるくらいはっきりと。
もう一度部屋をイメージしてみたら、女は消えていた。

あの女は…ひょっとしてシから始まる名前の神様だったんだろうか。
痛みの走った場所は、本当はもっと上を狙ってたのかもしれない、とマジ洒落にならん悪寒。

それよか洒落にならないのは、ついさっき祖父から電話が来たことだ。虫の知らせがあったとか言って。
あのじい様には千里眼でもついてるんじゃまいか、と本気で思う。
ちなみにあたしの父方(あの祖父の方)の先祖は神社だ。

この怖い話にコメントする

イメージ
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています