洒落怖
ゴースト

この怖い話は約 2 分で読めます。

920 本当にあった怖い名無し sage 2009/07/14(火) 14:16:35 ID:nVeEJRTj0
先月、久しぶりに会った幼馴染Aから聞いた話。

Aは、とある事情でオランダに住んでいた。
先月ようやく帰国したんだけど、曰く、「逃げ帰ってきた」そうで。

俺はAとメッセンジャーでちょくちょく連絡取っていたので、
Aが何から「逃げた」のか、だいたいは知っていた。
ざっくばらんに言うと、家に住み着いたというゴーストだ。

そのゴーストは、黒装束を着ていて顔が見えない。
一匹ではなく、数匹居るようだ。
夜になるとAの周辺いたるところに現れて、好き勝手にふるまうそうだ。
斧で子供の腕のようなものをゴトン、と大根切りしている姿を見ただの
煮込んでいる鍋から手のひらが飛び出ていただの
庭に灰でおかしな図形が書かれていただの
あと道に小さなホネが撒かれてただの
Aはよくそんなことをメッセンジャーで伝えてきていた。

俺はAがストレスから精神を病んだのではと思った。
マジメに病院に行け、と何度か言ったことはあるんだけど、Aが言うには
「いや俺だけじゃない。近所中で黒装束がウワサになっている」と訴えてきた。
変な新興宗教か、あぶない黒魔術とかやってるんじゃないの?と言うと
「でも実体が無いんだ、ゴーストなんだよ」という不気味なレス。

で、Aはとうとうそのゴーストに負けて帰ってきたわけ。
Aが居たのはオランダのユトレーヒトって街の郊外です。
話によると、そこの通りに住んでいた住人たちも次々と家を後にしたそうな。
Aはむしろがんばって残っていた方だった。
こういうことってあるんですね。

この怖い話にコメントする

ゴースト
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ