洒落怖
夢の女

この怖い話は約 2 分で読めます。

812 本当にあった怖い名無し 2009/06/29(月) 05:39:47 ID:Vm1mnzEzO
俺は全く霊感が無く、もともと幽霊とか怖くて嫌だったので
霊感が無くて本当によかったと思ってる

だけど一度だけ体験した話を。

大学二年のある時期、秋頃かな、うちで友達数人で宅飲みの後、
飲み明かし珍しく皆潰れてしまった。

明け方、まどろむ意識の中夢を見た
基本俺の夢には色が無く、その日は白い空間をダラダラと歩いていた

ふと足元に、腕時計が落ちていた
拾い、夢の中で俺は言った
「誰のだ?」
真横には長い黒髪で顔が見えない女
「私のだあー!!」
一瞬にして眼前まで女の顔が近づく

「うひゃあ!!」
俺は叫びながら起きた

「どしたの?」
すでに一人起きていた友達がびっくりしていた

怖い夢をみたときに周りに家族や友達がたくさんいるほど
安心することはない。

まぁリングかなんかの影響で「長い黒髪の顔が見えない女」
が怖いと頭の中で作り上げてたまたま夢に出てきたんだろ、
その日はそう思った

813 本当にあった怖い名無し 2009/06/29(月) 05:46:28 ID:Vm1mnzEzO
さて翌日もいつも通り学校に通い、
サークル室でスマブラをし、
ラーメンを食って家に帰るという自堕落な大学生活を送った。

昨日の夢などとうに忘れ、
その日は一時過ぎには床に就いた。

また白い空間
また歩く俺
その日は歩くというよりふわふわと飛ぶような

今度は靴だった
「誰のだ?」
また横にいる女
「私のだあー!!」

今度は汗びっしょり半泣きで目が覚めた
部屋の電気を全部付けテレビも付けた
どうでもいい健康食品の通販がこの上ない助けに思えた

この怖い話にコメントする

夢の女
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています