洒落怖
3人目

この怖い話は約 3 分で読めます。

418 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/05/28(木) 16:14:18 ID:nj/rdKVp0
ちょっと長くなりますが、実体験を書き込みます。

 俺がまだ小学生の頃、家の隣に幼馴染A子がいた。A子は喋ることができなかった。
生まれつき声帯が悪かったらしい……。さらに、ここでは細かく説明はしないけど
肺にも大きな欠陥があって運動はもちろん、普段の生活にも支障があった。

 学校はA子やA子の母親の希望もあって普通の、俺と同じ小学校に行ったんだが
そこではお約束のいじめが待ち受けてた。相手にしてみれば仕返しもなければ、
本人の口から拒絶もないからやりやすかったのかもしれない。

 俺はいじめから庇ったり、A子のフォローをしていた。……というか、
俺とA子の母親に頼まれていた。おかげで変人呼ばわりされるわ、A子と付き合ってると
からかわれたりしたよ。A子とは外で遊べない代わりにTVゲームやらトランプであそんでた。

その頃から「違和感」を感じていた。明らかに二人しかいないはずの部屋で
誰かがいる気がした。A子の母親もジュースを2つではなく間違えて3つ持ってきたり・・・・・・。
他にも、桃鉄で暗黙の了解で俺とA子、そしてCPUの3人でやっていた。だけどそのCPUが
妙に人間くさい動きをしていたり。例えば最弱のCPUでも妙に強いうえ、普通使わないカードを
使ったり。桃鉄知らない人はわからないよね、ごめん。

小さいときは意識していなかったし、中学生ぐらいになっても偶然と思ってた。
だけど夏休みにA子の家に泊まった時、明らかにおかしなことが起きた。
その時A子と一つの布団で寝ていたのだけど……。夜中に目が覚めた時、
俺とA子の間に誰かいる気配がした。寝ぼけてたのであまりよく見ようとしなかったけど。
そして、朝になって異変に気がついた。一緒に寝た布団は……俺とA子でちょうどのサイズ。

 間 に 誰 か は 入 れ な い 。

その時以来、いくら誘われても俺はA子の部屋に泊まることはなかった……チキンな俺。
いろいろなチャンスを無駄にした事は気にしない。ついでに言うとその時も何もしてないぞ。
厨二病が発症していた俺は「A子の病気はこの違和感のせいだ」とか「実はA子は星巫女の
生まれ変わりで悪霊が狙っている」……とか後の黒歴史を生み出していた。

419 本当にあった怖い名無し sage New! 2009/05/28(木) 16:17:16 ID:nj/rdKVp0
続きです

 さて、高校に入る時にはA子は自宅にこもるようになった。といっても今でいうニートとして
ではなく学校に行くだけの体調すら保てなかっただけだけど。そこで俺はパソコンのチャット
やらメッセンジャーやらを教えた。さすがにA子には刺激が強すぎる(?)2chを教えはしなかったが。
そうすれば喋ることのできないA子でも話ができたり、話友達ができると思ったんだ。
それは大成功で、A子はかなり楽しんでた。
 もっとも、俺は異性としてA子を意識し始めてたためぎこちなくはなっていた。せいぜい、メッセンジャー
やチャットで話す程度だ。特にメッセンジャーは便利で、シェイク機能(相手がシェイクボタンを押すとこっちの
メッセのウィンドウを揺らしてチャイムがなる)は俺を呼ぶ合図でもあった。

この怖い話にコメントする

3人目
ホットタイトル
サイト内でよく見られています