洒落怖
錯乱

この怖い話は約 2 分で読めます。

昨日、いつもよりどっと疲れた気がして
メシも買わず家に帰った。
カップ麺あったかな~と考えつつ
鍵をあけようとすると鍵が開いてた。
かけ忘れか空き巣かと思って
そっと開けたら部屋いっぱいの大きな心臓があった。
ドグオォォン!ドグオォォン!みたいな鼓動うってて、
腰が抜けそうになりながらお隣に押し掛けて

お隣の男子大学生(ほぼ話した事無い)と一緒に戻ったらまだあって
二人して「うわああぁぁぁ!!」
その時大学生の顔見たら
ペプシマンみたいに丸い口しか無かった。
で、そいつに部屋に押し戻されて以降記憶無い。
今日の昼に目が覚めてみたら部屋大荒れ。
金品無事。
お隣もぬけの殻。
これから精神科いってきます。

この怖い話にコメントする

錯乱
関連ワード
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ