洒落怖
人格障害

この怖い話は約 3 分で読めます。

689 本当にあった怖い名無し New! 2011/07/01(金) 10:07:17.94 ID:+aPrggCq0
数年前の話。五月に引越しして、一人暮らし始めた都内のアパートで、
ちょっと体調がおかしくなった。いつも12時前後に寝るようにしていたが、
1時から2時の間、寝苦しくて目が覚めるようになった。
胸が圧迫され呼吸ができなくなるんだが、それが三日に一度くらいの割合から、
毎晩のように起きた。
会社の同僚に相談すると、睡眠時無呼吸症じゃないかと言われ、調べてみると
そうかもしれないと思った。勤務中時々睡魔に襲われる以外、これといった支障
もなく生活できていたのだが、やはり毎晩続くと気になった。

691 本当にあった怖い名無し New! 2011/07/01(金) 10:08:45.15 ID:+aPrggCq0
ある夜、いつものよう息苦しくて目が覚めた。普段はまたすぐに
寝入ってしまうのだが、その夜は喉の渇きを覚えて布団を出た。
冷蔵庫の麦茶でも飲むかと思った瞬間、ドアベルのブザーが鳴った。
夜中の一時過ぎ、突然のことでかなり動揺した。
アポなしで平日の真夜中訪ねて来る人間に、一人だけ心当たりがあった。
半年前に別れたモトカノだった。こちらは別れたつもりでいるが、向こうは
突然いなくなったと思っているに違いない。連絡先も教えず逃げ出した理由は、
人格障害持ちの彼女に、生活を滅茶苦茶にされそうだったからだが、
突然のブザーに体が固まった。

693 本当にあった怖い名無し New! 2011/07/01(金) 10:10:18.92 ID:+aPrggCq0
職場も変え、携帯も変え、住所も変えたのに、三ヶ月で居所がばれた。
リスカして泣き喚き、部屋の壁を血で汚す姿を思い出し、息もできず
立ちすくんだ。すると、ドアの向こうで怒っているかのように、再び
ブザーが鳴らされた。「別れるくらいなら、死んでやる」というモトカノ
から逃げるには、黙って姿を消すしかなかった。
モトカノに死んで欲しくないという建前はあったが、本音は二度と関わり
たくないからだったが、再び現れたモトカノへの言い訳で頭が混乱した。
次のブザーで反応しなければ、多分こちらの名前を叫びながら、ドアを激しく
叩き出すろう。そうなれば、今度こそ警察に通報するしかない。
お互い嫌な思いをするが、相手は人格障害者。話が通じるはずもなく、
そっとテーブルの携帯に手を伸ばした。

694 本当にあった怖い名無し New! 2011/07/01(金) 10:11:36.02 ID:+aPrggCq0
「諦めて帰ってくれ」携帯を握り締め、そう祈ること三十分。
ドアの向こうから反応はなく、やっと身動きができた。
モトカノとの共通の知人は二人だけ。そのどちらにも連絡先は教えていない。
しかし興信所を使えば、こちらの住所を調べることができるのかもしれない。
朝まで一睡もできず、いつものように電車で出勤する途中、ふとモトカノが
どうしているのか気になった。結局真夜中の訪問者の正体を確かめたわけではない。
自分の知っているモトカノなら、絶対に騒動を起こすはず。他人の気持ちが理解でき
ない心の病の持ち主。おとなしく帰ったのもひっかかった。

この怖い話にコメントする

人格障害
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています