家族は一緒

6 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/15(月) 22:31:18 ID:YcVXheC+0
俺が消防の頃、
仲が良かったT君と草むらに落ちてたエロ本をよく拾って読みながら、性に対する興味を募らせてた。
そんなT君には2歳下に妹がいた。

俺等が小4になったある日、T君は俺に
「俺、昨日妹とセクスしたぜ!」
と自慢げに話した。

俺は、自分より先に大人になったT君を素直に羨ましいと思った。

俺もT君も、もちろん周りの友達も、近親相姦なんて言葉も、その言葉にあるタブーなんて知らなかったんだよね。

989 コピペですが sage 2010/04/30(金) 00:18:15 ID:9tcODeGC0
8 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/15(月) 22:44:17 ID:YcVXheC+0
でも、そんな俺等が中一になって間もなく、T君は学校に来なくなった。

近所の噂で、T君の両親は仕事を辞め、妹も含めて、一家全員が自宅に引き籠ってしまっているのだと知った。

それからT君の家からは、家族全員で喧嘩をしているような怒声が聞こえるようになった。

俺も実際に
「妹とそんな事をしていいと思ったのか!!」
「あたしは嫌だって何度も言ったじゃないか!!」
「もう家族一緒には暮らせないだろ!!」
という声を聞いた。

その頃には俺ももう、近親相姦という言葉も意味も知っていたから、T君がしたことを、「あれは悪い夢だったんだ」と忘れたく思っていた。

990 コピペですが sage 2010/04/30(金) 00:19:00 ID:9tcODeGC0
9 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2010/03/15(月) 23:03:09 ID:YcVXheC+0
そして間もなくT君の両親は離婚し、T君は父親が、妹は母親が引き取る事になり、T君と父親はこの地を離れていった。

とにかく急な転校で、「家族の都合で冬休み中に転校したのだ」と先生に聞いた。

俺はT君にさよならも言えなかった。

それから約二年後、俺が中三の秋、T君の母親と妹が住んでいた家が火事になった。
それなりに大きな家だったが、木造だったからすぐに燃え広がり、消火活動の甲斐無く、全焼した。

焼け跡からは四人の男女の遺体が見つかった。
焼け残った遺品から、T君・妹・父親・母親の遺体だと分かった。

いまだに、
何故また一家全員が集まることになったのか、
俺の安易な想像の通りに一家心中だったのか、
それとも何らかの事故だったのかは分かっていない。

F県の俺の地元で、18年前に本当にあった話。

だから俺はいまでも、近親相姦モノのAVのパッケージを見ただけで吐き気がする。

俺はT君にさよならって言えなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。