洒落怖
老婆と娘

この怖い話は約 4 分で読めます。

927 本当にあった怖い名無し sage 2012/04/10(火) 00:24:29.51 ID:Ruo2XUQR0
1/11

あれは今から一年半くらい前のことだった

2010年の9月頃・・・その当時、自分は担当しているゲームソフトのマスターアップが終わり久々にまとめて休みが取れたので中部地方のとある農村を訪れることにした・・・
その少し前に数年付き合った彼女と別れてしまい、その傷心旅行も兼ねての旅だった・・・

そこは都会からかなりの距離、離れている山間の農村・・・
一応、観光地であるが未だ残暑の面影が強く、目的地までの電車に降り注ぐ陽光は額にうっすらと汗を滲ませるには十分だった

朝、都心を出たにも関わらず到着時には陽も暮れかけ、夕日が豊潤な山野を赤く染め上げていた
ガタゴトと揺れる電車の窓から見える景色の移ろいは、一瞬だが都会でのストレスを忘れさせてくれる気がした

駅に着き、去りゆく電車を見送りった後、辺りを軽く見回す・・・
随分と時代を感じさせる駅だ・・・無人駅ではないものの、柱の所々に腐ったようなささくれが目立つ構内だった
そして改札を抜け真っ先に視界に飛び込んできたのは、昭和の煤けたような香りのする寂れた景観だった

約半年の間、休日が無かったことで鈍った感覚と脳をリフレッシュさせるには、やはりこれくらいのレトロ感が必要だ・・・脳が無意識のうちにそう感じとっていた

街のメインストリートと思しき商店街をぶらつく・・・まるでここだけ時代が止まっているかのような錯覚に陥る・・・
幾人かの観光客とすれ違うも、どこかセピア色の写真を見ているかのように感じる・・・
首から下げたデジカメのシャッターを無心で何度も押す・・・いい所だな・・・

およそ300m程続いた商店街を抜けると、そこには一円の田園風景が広がっていた
ギラギラと照りつく夕日で田には陽炎が見てとれ、何とも形容しがたい神秘さを醸し出していた・・・
ふと右手を見ると森の中に小高い丘があり、そこの頂上付近には神社らしき建物があるのが見てとれる
自分の出身地も田舎の寒村だが、それとは違う静寂さに包まれた風景に無心でシャッターを押していた

928 本当にあった怖い名無し sage 2012/04/10(火) 00:25:26.44 ID:Ruo2XUQR0
2/11

完全に日も暮れ、街灯に火が点る・・・
ゆっくりと歩いてきたつもりの街も、気が付けば遠くに見えるではないか
自分でも気がつかない間に、結構な距離を歩いてきてしまっていたようだ・・・

今回、敢えて宿は予約してこなかった・・・自分としては珍しいのだが、たまには行き当たりばったりで旅を
楽しんでみようと考えていたからだ・・・
理由はリフレッシュというより、失恋が原因と言ったほうが適切かも知れない・・・別に野宿でも構わないのだ

街に戻れば宿もあるだろう・・・しかし戻るのは何故か悔しい気がしたので、そのまま街の外れを更に奥へと進む・・・
山間部にある田舎の闇は深い・・・あれだけギラギラしていた風景が、街灯こそあっても大きな穴のようにどこまでも光を飲み込んでしまうような錯覚さえ覚えていた・・・

完全な闇の中を歩いてしばらく、仕事のことや元彼女のことなどを考えていると遠くに灯が見えた

ゆらゆらと揺れながら形を変え、ゆっくりと近づいてきたそれは提灯を手に持つ老婆だった・・・

遠く都会から離れ、ひとり幻想的な世界で妄想にふけっていた自分はハッと我に返り、その老婆にこの近くに宿がないかを聞いてみた・・・老婆は腰が曲がり、うつむいたままの姿勢で何も言わず、老婆が来た方向を指差すと、そのままゆっくりと通り過ぎて行ってしまった・・・俺は一言、ありがとうございます と言い、老婆を見送った・・・
街灯に照らされた老婆の背中は小さく、腰からは白いタオルのようなものがぶら下がっていたが、やがて闇に消えた

いつの間にか砂利道になっていた農道をしばらく歩くと、光が見えた
目を凝らすと二階建ての家屋のようである・・・さっきの老婆の教えてくれた宿だろうか・・・?
周りを囲む山々はまるで闇の壁のように自分を覆いつくそうとしている・・・その中にポツンと揺らめく灯篭の灯・・・
ジャリジャリと音を立てて歩く速さは、無意識のうちに徐々に増していった

この怖い話にコメントする

老婆と娘
サイト内でよく見られています