洒落怖
爪先で背中を

この怖い話は約 2 分で読めます。

中学校の頃の話なんだけど、夏休みにシャワーを浴びた後にパンツ一丁で居間にいた。
夏にシャワー浴びた後って、体が火照って汗が出てくるじゃん?
だから居間ならクーラー効いてるし、汗がある程度ひっこむまであぐらかいてマンガ読んでたんよ。

そしたら兄貴に指三本くらいの爪先で背中をスーッて上から下にくすぐられたから、「お~い、やめろや~!」って振り向いたら誰もいないん!!

「えっ!?」と思って居間を見回しても隠れる場所なんか無いし、クーラーつけてるからドアは当然閉めっぱなし。
泣きそうになりながら母親のとこ行って事情を説明したら「兄ちゃんまだ部活だからいるわけないでしょ?あんたの勘違いじゃないの?」って言われて更に怖くなった。
そうだ、兄貴は部活でいるわけないんだ、って。

それから居間に一人でいる事が出来なくなったし、爪の先でスーッてやられた感触は未だに覚えてる…。

この話、地味かも知れないけど、密室で背中触られて振り向いたら誰もいないってめちゃめちゃ怖いよ!!
絶対兄貴だと思ったもんなぁ…。 p

この怖い話にコメントする

爪先で背中を
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ