洒落怖
ラジオ

この怖い話は約 2 分で読めます。

951 本当にあった怖い名無し sage 2009/08/17(月) 15:54:14 ID:Xoes7aZf0
今月の13日に、仕事で失敗して上司から怒られた。
確かに俺が悪かったんだが、上司の怒り方が陰湿で帰宅してから急にイライラしてきたんだ。
本棚に置いてた小さいラジオをつかむと、フローリングの床に叩きつけて八つ当たりしたんだよ。
(我ながらバカだと思うが)
思いっきり力を込めて叩きつけたんで、ラジオは壊れて分解。電池やら部品やらが飛び出して
方々に破片が散らばってしまった。

それを見て、なんか急に冷静になっちゃって「ああ・・・掃除しなきゃ・・・」と激しく後悔してたら
壊れたはずのラジオから雑音交じりで「痛い・・・痛い・・・」という男の声が。
音はすぐに聞こえなくなったが、俺は「うわああ!?」と声を上げて尻餅をついた。
近所に漫画喫茶やファミレスなんて洒落た店はなく、朝を外で明かすこともできず
「ごめんなさい」を連呼しつつ壊れたラジオの破片を集めて処理し、テレビつけっぱなしで徹夜した。

翌日、友人にこの事を話したら「終戦の日を記念した番組がラジオでやってたみたいだから
そのときの再現ドラマか何かの声が偶然入ったんじゃないか?」と推測してくれたが
もしそれが真実であれ、洒落にならないほど怖いタイミング(偶然)だと思う。

とりあえず、ラジオには「ナムアミダブツ」と供養してから燃えないゴミに出した。

この怖い話にコメントする

ラジオ
関連ワード
関連ページ
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています