洒落怖
マンションの住人

この怖い話は約 3 分で読めます。

131 本当にあった怖い名無し sage 2008/12/09(火) 14:35:00 ID:O9ENSt180
俺今司法書士の勉強してるんだけど、夢の中でも勉強してたんだ。
どっか知らない町、昔は大いに栄えてたんだろうなって風の町の、
その中にある古~い吹き抜け構成のマンションの中庭で勉強してた。
昼間には庭にも暖かい日溜りができてたり、外へ出ると山々の風景が最高に綺麗で、
いいとこだなぁと思いながらのんびり勉強してた。

でもカナカナが鳴く時間帯、急にあたりの雰囲気が恐ろしくなった。
まずその古いマンションが途端に薄気味悪く見え始めた。
もう幽霊物件にしか見えない、ドアは至る所が赤黒く錆びて、部屋ごとに有るクモの巣張って煤けた格子窓、その向こうは真暗だけど、
西日でほんの少しだけだが見えそうなのが更に怖い。
確実に部屋に何かいるって感じ、扉開けたり見たりしたら「それ」が出てきて確実にやばいのが分かった。

近くを女の人が通ったので、情けないけど中庭まで勉強道具を取りに一緒についてきてもらうことにした。
ここで自殺ありませんでしたよねとか、まだここ誰か住んでるんですかとか聞いたけど答えはすべてNOだった。
となりの新しいマンションまで渡り廊下で繋がってたから、もうダッシュでその廊下を渡ろうと思ったけど、やっぱりねって感じだった。
後ろから何か来てる、追いかけてきてる。
俺もうパニックになって走ったね、

132 本当にあった怖い名無し sage 2008/12/09(火) 14:36:33 ID:O9ENSt180
渡り廊下半ばのドアに辿り着いてドアを閉めてロックして、来た道を見たけど誰もいない。
まだ警戒してる俺は更に廊下を渡りきった先のドアまで行って様子を見てた。
一緒に来てた女の人はなんだこのキチガイ坊やはって風な目で俺を見てて、多分逆方向に用事があったんだろう、
俺が閉めたドアのロックを開けて古いマンション方面にいっちまった。
俺の見間違いだったんだろうと思って女の人に謝ろうと渡り廊下を来た道と逆方向に進みだした瞬間、「それ」がいた。

133 本当にあった怖い名無し sage 2008/12/09(火) 14:39:51 ID:O9ENSt180
服装からして女子中学生だろうか、女の子と分かるが顔色がやばい、真っ白。
顔の形も微妙におかしい、口とか目とかの位置もおかしい。
お前ら心霊写真で暗闇や何も無い空間に浮かび上がる顔とか見たことあるだろ?
人の顔とわかるんだけどどっか歪んでて不気味なやつ、まさにその顔。
こいつが追いかけてきてたんだと直感でわかった。
どうやって俺は殺されちまうんだろうと思ったが、そいつは俺の手を乱暴に掴んで「いこ」とだけ言った。

冗談じゃないどこ連れてく気だよと、何て言ったかは忘れたが俺は罵詈雑言を浴びせて手を振り払った。
何を仕返すでもなくそいつは新しいマンションの方に消えちまった。
大したことねぇなとか思ってまた古いマンションの方を見たら3人くらい似たような顔したのがいやがった。
ナリはマチマチで、太ったおっさんもいたし、おばさんもいたし今度は女子高生もいた。
そいつらは俺を睨んで通り過ぎたが、女子高生だけは俺をさっきのガキみたく掴みやがった。

この怖い話にコメントする

マンションの住人
ホットタイトル
サイト内でよく見られています