短くて怖い話
気付かれないように

この怖い話は約 2 分で読めます。

投下させてね

俺は定時制に通ってたのね、交通手段は自転車。ある日、学校帰りに自転車がパンクして押して帰ってたの。

時間が時間なんで開いてる店もないし、途中で疲れて近くにあった神社に隣接した公園で一息入れた。

ベンチに座って休憩してると神社の入り口の鳥居の傍に猫がいたのね。モフモフしたいと思ってこっそり近づいたのよ。

でも気付かれて猫は石段の影に隠れた。尻尾だけ見えてる。今度は逃げない様に俺も尻尾を目印に石段や木に隠れながら近づいた。で、段々近づいていくと猫の体も見えてきた。

俺が追ってたのは猫じゃなかった…。首から上だけの小さな女の子だった。
俺が尻尾と思っていたのは女の子の髪の毛。

驚いて『うわっ』と声を出してしまった。女の子は俺に気づいて近づいてきた。

慌てて自転車の置いてある場所に逃げた。途中振り返ると女の子は追って来てる。自転車を取る余裕はなく、そのまま走って公園から逃げた。その後、その神社にも公園にも行ってない。自転車も置いたままだ。

あの女の子はいったいなんだったのか…。

この怖い話にコメントする

気付かれないように
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています