洒落怖
彼女

この怖い話は約 3 分で読めます。

8 その1 2008/02/08(金) 13:24:58 ID:dWJYwYNk0
俺が大学三年の三月だった頃。
ある日、バイトが終わり、帰り際に携帯を見ると、着信が一件あることに気付いた。
発信者は、中学時代クラスメイトだった女の子。
折り返し電話をかけると、「久しぶりに話したいことがある。今から会えないか?」とのこと。
時刻は九時半をまわったところで、こちらとしては特に断る理由がない。
何より、昔俺は彼女の事が好きだったのだから……。
運良く、そのバイト先から彼女の家までは100mも離れていない。
適当に近場で落ち合い、すぐ近くの居酒屋に入って話をした。

彼女は短大を卒業し、立派な社会人として歩んでいること。
四月からは異動で関西の方へ行くこと。
そして、異動する前に、こうして地元の友人と昔を懐かしみながら飲み交わしているらしい。
俺は昔話ついでに、中学時代に彼女の事が好きだったことを伝えた。
もっとも、その事は彼女も気付いていたらしい。
いずれにせよ、その時彼女は別の男と付き合っていたのだから俺の入り込む余地などなかったのだ。
それに、俺には大学で知り合った恋人ができていたのだ。
色恋沙汰でも、昔の事はこうやって笑いあえるものだと実感した。

話は変わりに変わり、幽霊がいるかいないかという議論になった。
根っからの理系肌だった俺は、幽霊の存在を一括否定。
一方、彼女は霊感があるらしく、幽霊の存在を強固に主張。
俺は、今までTV等で見てきたものは、全て現在の科学力で実現可能なのだから、幽霊がいる証拠にはならないと主張し
「実際にこの目で見せてもらわないと、検証の余地はないけどね……」
と言ったところで、彼女の心に火をつけた。
「じゃあ、見せてあげるから行こう!」
という事で、俺達は心霊スポットへ行くことになった。

9 その2 2008/02/08(金) 13:25:19 ID:dWJYwYNk0
地元は九州の福岡。
心霊スポットとして超有名な犬○峠へ行くには車で30分もかからない場所に住んでいる。
俺は彼女の車の助手席に乗り、運転する彼女と適当に会話を交わしていた。
俺は結構酒が入っていたせいか(ちなみに、彼女は下戸なので飲んでない)、往き道なんか全く覚えていない。
とりあえず、気付いたらラブホテルの入り口に居たことだけは確かだ。
あれ? 犬○に行くんじゃないのか……? などと思っていると、彼女はさっさと車から出てホテルの中へ入っていく。
俺も車の中に残っていてもしょうがないので、彼女についていくしかない。
彼女は勝手に部屋を決めて、俺を半ば強引に部屋に入れ、ベッドに放り投げる。
「じゃあ、先にシャワー浴びるね」
とだけ言い残し、彼女はバスルームへと入っていく。
よくわからんが、そういうことだろうと、ニブイ俺でも何となく頷けた。
要は、適当な相手を見繕って、幽霊を見せると言うことを口実に連れ出して、情事にふける。
中学時代に彼女に好意を寄せていた俺が相手ならば、後々悪いことにはなるまい。
昔は大人しそうな雰囲気だったが、今となってはギャルっぽくなってるし。
そういう考えなのだろうと思っていた。

この怖い話にコメントする

彼女
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています