短くて怖い話
とある町で

この怖い話は約 2 分で読めます。

千葉のとある町。
彼は夜、ちょっと遠くのコンビニに行こうと自転車でマンションを出ました。
途中の暗い道に和服の女の人が居ます。
「あの、○○さんの御宅はどちらでしょう?」
彼は地元じゃないし、知らない名です。
「ちょっと僕はわかんないんで、警察署がありますんで・・・」
それでも
「○○さんの御宅はどちらでしょう?」
と繰り返す女性。
気味が悪くなって彼は、
「すみません」
と自転車を漕ぎ出しました。
その先に、誰かがいます。
ほっとして彼が近付くと、なんと、それは・・・

それは、日本刀を振り上げた明治時代の(?)軍人だったのです!!
軍人の足元には男の子が・・・?
次の瞬間、
「ああああ」
彼は声にならない叫びをあげました。
軍人の刀が。
男の子の首に振りおろされ。
首がころころと彼の方に・・・!!
声も出せず、彼は自転車で元来た道へ逃げました。

そこにはさっきの女性。
「○○さんの御宅は・・・」
彼は女性の声を無視して必死で自転車をこぎました。
全力で走らせました。

ようやく離れたか、と思う頃耳もとで声一一一一
「○○さんの御宅はどちらですかああああ」
さっきの!あの女性が!
歩くと言うよりスライドしながら全速力の自転車の横を『スーーーーーーーーーーッ』と追って来ている!!!
彼は自分のマンションを通り過ぎ、自転車を投げ捨てるように止めてファミリーレストランに入りました。
女性はついて来ません。
彼は明るい店内にほっとしました。

二時間ほど気を沈め、彼はマンションに帰りました。
マンションに帰って、彼は異常な空気にすぐ気付きました。
間もなく衣擦れの音、鐘の鳴る音、子供の笑い声が室内で聞こえ・・・
近所に友人がいない彼は恐怖を紛らすため私の友人Sさんに電話しました。
夜中でしたが、怯えように驚いたSさんは彼の話を聞いてあげていました。

その時、電話口でSさんは確かに聞いたのです。
「ちりーーーん ちりーーーん」
という鈴の音が、彼の後ろで鳴っているのを・・・

この怖い話にコメントする

とある町で
関連ページ
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています