短くて怖い話
子どもに切れる

この怖い話は約 2 分で読めます。

私はすごく肌の色が白い。青白い。もう日陰にいると真っ白に見える(らしい)
体調が悪いときなんて、土気色にすぐなる。そのくせ疲れやすい。

一昨年の夏、夕涼みがてらデートに出かけた。夏の夕方だったので、浴衣を着て出かけた。
浴衣もいまどきの流行のじゃなくて、盆踊りのおばさんとかが着てるような地味で白っぽいやつだった。

ちょっと疲れたので、公園で休んでいて彼氏にジュースを買いにいってもらった。
一人になったら疲れからかベンチでうとうとしてしまった。

近くに子供が遊んでいるのか、子供の声で
「あのお姉さんいきてるかな?死んでるかな?」とくすくす笑う声がした。

ちょっとムカッと来た私は「生きてるわよ!」と言って起きた。
きゃきゃきゃっと楽しそうな声だけが、私の前を移動していった。

公園には誰もいなかった。

この怖い話にコメントする

「子どもに切れる」と関連する話(短くて怖い話)

子どもに切れる
関連ワード
関連ページ
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています