短くて怖い話
NO BODY

この怖い話は約 2 分で読めます。

もう一個不思議体験をば
あんまり怖くないかもしれないけど

ツィッターを始めた頃写ツ(写真ツィッター)にもはまった
頻繁にここにいるなう!と写真付きでばんばんツィッターしていた。
ある真夜中の12時近く、今部屋でお絵かきなう!と別にどうでもいい文章と
書いてる途中の絵をツィッターに送った。
けどなぜか送れなかった。
あれー?とか思ってたら部屋の雰囲気がバチッと変わった。
突然テレビが消えて空いてた窓もなぜか閉まってた。
そしてメールが届く。

NO BODY

え?どういうこと!!??
メールの内容は????????+??????????++++???みたいなわけのわからない内容に
がたがたしながら自分の部屋を出たら空気がすーっと抜けた気がして、
テレビも窓も元に戻った。
ツィッターも普通に送ることが出来た。
だけどこれが元で写真を添付することはやめようと思った。
よく見たらあれ、メールアドレスそのものが”NO BODY”ってなってて
どこから着たかわからないんだよね
まぁ不思議体験でした。

この怖い話にコメントする

NO BODY
関連ワード
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ