短くて怖い話
猫を襲う虫

この怖い話は約 2 分で読めます。

厨房ぐらいのときに夜、砂浜を散歩していたときの話

なんか波打ち際の近くで猫が痛みでのた打ち回っていて
近寄って見てみると猫の足やら顔やらに大量の黒い虫のようなものが。
とはいえこれも自然の摂理。どうしようもなく見ていると猫はよろめきながら近くの草叢へと消えていった
そのあと、猫に振り落とされ砂に潜ろうとしているたくさんの虫の内の一匹を摘んで見てみると、大きさは大体5cmで外見はクワガタそのもの。

逃がすとこいつが本当に気が強くて人間にも牙を振り上げて飛び掛りそうな勢いで威嚇をしてくる
それで好奇心で一匹もって帰ったんだが本当に獰猛でゴキブリやデカいクモでも入れたらバリバリ食っていた。しかもその次の年の夏ぐらいまで生きるというご長寿

それで数日後、昼間に砂浜に行くと中途半端に食い荒らされた鼠や蛇の死体が落ちてるのを発見。
クワガタみたいな虫のバラバラの死骸もあったけどたぶん共食いでもしたのだろう。
しかし虫って小さいけど群れると怖いね。

ここが海水浴場じゃなくて本当に良かった

この怖い話にコメントする

猫を襲う虫
関連ワード
関連ページ
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています