短くて怖い話
奇行

この怖い話は約 2 分で読めます。

ついさっきの出来事なんだが、
母さんはいつものようにリビングでテレビ見てて、俺は風呂に入ったんだ。
そして風呂から出て2階の自分の部屋に上がると、ドアの隙間からなぜか消したはずの電気がついてて、
開けてみると母さんが部屋を必死に掃除してるんだ。
こんな夜中に意味が分からないから聞いてみた。

2回ほど無視されて、3回目にようやく答えてくれたんだが、その答えが凄いんだ。
「あんたがやれ(掃除しろ)って言ったんよ?母さんが勝手にしとんじゃないで」
俺はびっくりした。
母さんと喧嘩していて、今日は一言も会話してなかったからだ。
あまりにもびっくりしたので「は?」と言ってみると、
「もう自分の言ったこと忘れたんじゃなあ」と。。。
顔もかなり病んでるし、母さんに何があったんだろうか・・・
俺が風呂に入ってる間に母さんの身に何があったんだ?
病気なんだろうか・・・
腹立つより本気で心配だ。

この怖い話にコメントする

奇行
関連ワード
サイト内でよく見られています
関連ページ