後味の悪い話
ピヨちゃんの思い出

この怖い話は約 2 分で読めます。

277 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/11(金) 09:18:40.42 ID:x3qsm5C70
昔、読んだちばてつやのお話。
それが今日の新聞に載ってて、懐かしいなぁと思いながら読んでたら、、その時は気づかなかったけど結構残酷な話だなと思った。

“ピヨちゃんの思い出”
おやじが奉天の露天市場で、小さなひよこを買ってきた。

売り子に『コレはメス。成長したら卵を生む。毎日、新鮮な美味しい卵が食べられるよ』と言われたらしい。
社宅では犬や猫は飼えないし、動くおもちゃはなんてない。小さい動物と遊ぶのはとりわけ楽しかった。
「ピヨちゃん」と名付け、大喜びでかわいがった。
野菜くずを刻み米ぬかを混ぜて与え、夜は同じ布団で寝た。可愛いもので、世話をしているとなついて僕の後をついて回る。
そのうち足にヒモをつけ、外に連れ出し散歩させたりもした。

280 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/11(金) 12:36:28.31 ID:CkKjT5Pk0
ピヨちゃんは成長すると、親が期待しためんどりではなく、朝に「コケコッコー」とお声で時を告げる立派なおんどりになった。
親はとてもがっかりした。
でも僕にとっては、遊び相手。成長してからも大事に世話をした。
ある日、小学校から帰宅すると、ピヨちゃんの姿がなく、つないでいたヒモだけが落ちていた。
「外に遊びに行ったのかな。そのうち帰ってくるだろう」

281 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/11(金) 13:21:52.92 ID:CkKjT5Pk0
ところが、夕飯を終えた時間になっても戻ってこない。心配になって探しに出た。
「ピヨちゃあん!」
夜中まで探すのをやめない僕に、言いにくそうにおふくろが言う。
「ごめんね、もういないのよ」
つまり、先ほどの夕飯がとり鍋だった。

283 : 本当にあった怖い名無し : 2012/05/11(金) 13:32:13.71 ID:D5AB8nXG0
露天で売ってるのって選別でハネられた雄ばっかなのかな。

この怖い話にコメントする

ピヨちゃんの思い出
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています