洒落怖
見える人

この怖い話は約 3 分で読めます。

225 父の話1 sage 2007/10/18(木) 13:22:58 ID:iGygA+4g0

私の父は、夕方から夜の3時ぐらいまで開店しているレストランバーを経営している。
父はいわゆる『見える人』の類で、昔からそういった体験をしている。

そんな父から聞いた、ちょっと怖いような寂しいような話。

父は4人兄弟の次男である。
一番上に姉、次に兄、そして自分が続き、最後が妹という構成だ。
当時、すでに一番上の姉は結婚をして家を出ており、実家で両親と兄と妹の5人で暮らしていた。

高校生の頃だ。秋口のある夜中、父は隣にある兄の部屋から、騒がしい声が聞こえて目を覚ました。
大学生だった兄は、よく友人を呼んで部屋で酒盛りをしている事があったので
「あぁ、また今日もやっているのか…」
と、うとうととしたまどろみの中でなんとなく思ったらしい。

その騒がしい声の中に知っている声が聞こえて来て、懐かしい人物がいる事に気づいた。
名をSと言い、高校卒業後に長距離トラックの運転手として働いている人だったそうだ。
彼らがまだ高校の時、自分も遊びに混じって、色々と悪い事をしていた事が思い出される。

今日は眠いから、まだ今度挨拶をしよう。と、父はそのまま寝てしまったそうだ。

227 父の話2 sage 2007/10/18(木) 13:23:48 ID:iGygA+4g0
次の日の朝。
居間に下りていくと兄が朝食を食べている所だったので、
「昨日はずいぶん騒がしくやってたみたいやな、煩くて起きてもうたわ。」
と挨拶も端折ってしゃべりかけると、兄はきょとんとした顔をして「何が?」と聞き返してきた。

兄の返答に父も同じ顔をして、
「何が、じゃなくて。夜中に酒盛りしてたんやろ?めっちゃ声聞こえてたで。」
「…昨日はしてへんけど。普通に寝てたで。」
「嘘や、Sも居たやろ?あいつの声も聞こえたもん」
言い返すと、途端に兄の顔が青ざめて、「お前、大丈夫か?」と心配顔で問われた。

「大丈夫やけど…俺何か変な事言った?」

「Sってお前…

 去年死んだやろ、事故で。」

228 父の話3(ラスト) sage 2007/10/18(木) 13:24:27 ID:iGygA+4g0
そこで父は、はっとしてカレンダーを見た。
丁度その日は去年、Sが長距離トラックで事故を起こした日。つまり命日だったそうだ。

この怖い話にコメントする

見える人
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています