洒落怖
納屋の幽霊

この怖い話は約 3 分で読めます。

913 本当にあった怖い名無し sage 2007/09/03(月) 15:52:02 ID:uDHd9PxN0
では進行中のネタを

俺が厨房のころ、親の都合で引っ越したんだが、そこで引越し先の
家を建てる間、応急で同敷地内の土塗り壁の納屋を改造して生活していた
そこに住んで3週間目、弟が夜、白くて薄く光る幽霊を見たと言ってきた
それは、みんなが寝ている部屋の真ん中を横切るように空中を歩いて?
階段の方へと消えていったとのことだった
俺は最初はまったく信用していなかったが、それから1週間後、夜、家族はすでに寝ていて、俺はトイレに行ってから寝ることにした。

たぶん1時くらいだと思う。
用をたしていると、突然トイレのドアノブをガチャガチャ回す音がした
驚いたが、家族のだれかだと思い、『使ってるよ~』と言った
すると、音は止まったが、妙な感じがした
まったく人の気配がしないのだ。というより、2Fで他の家族全員が
さっき寝ていたはずだから、降りて来たなら階段を降りる音がするはず・・(古い納屋なので)
たぶん勘違いか、弟の悪戯と思うようにしてトイレを出ようとした瞬間!
またドアノブが回った!俺はすかさずドアを開けた!!が、誰もいない!!
エェェと思ったが、冷静を装い、そっと階段を上った。
そこでは家蔵全員が寝て静まりかえっていた。

914 913 sage 2007/09/03(月) 16:03:16 ID:uDHd9PxN0
俺はそのまま布団に入り、頭の中で家族以外の可能性を考えていた
・・・が、人間であるかぎり、あのタイミングでドアを開けたら
絶対に見えていないとおかしい。家族を起こすのも変なので
そのまま寝ることにした。
すると、なにか音がする。今は布団の中にもぐりこんでいたので
そっと頭を出して聞き耳をたてた。すると、さっきのトイレのドアノブを
誰かが回しているガチャガチャという音だった
もちろん確認する気になれなかったので、そのまま固まっていた
すると音がやんだ。なぜかホッとしたが、次の瞬間階段を上がってくる
音がしだした。1歩上がるのに2秒というゆっくりとしたペースだ

915 913 sage 2007/09/03(月) 16:19:23 ID:uDHd9PxN0
とっさに親を起こそうとしたが体が動かない。目だけは自由に動かせる状態に
なっていた。見たくはないが、逆に恐ろしくて目をそらしたくなかった
(そらした瞬間に横にいたらとか思っていたんだと思う)
音は、1歩、また1歩と上がってくる。そしてとうとう1番上まで上りきったようで
音がやんだ。部屋の間取り的には、階段を上ると目隠しのベニヤ板が1枚あるだけで
2歩で(扉はない)この部屋に入れることになる
しーんと静まりかえっている。自分の心臓の音が聞こえてきそうだった
そして、その心臓の音を板の向こうにいる奴に聞かれて気づかれるのでは!?
と恐怖していた。体は動かない。目だけで板を凝視していた
なにも来るなと願ったが・・・無駄だった
部屋を照らす唯一の豆電球に照らされて着物を着た子供がスーと出てきた
歩いてはいない。立った状態で手をこちら向きにに斜め下に垂らすようにして
そのままの形で空中をゆっくりと移動している

この怖い話にコメントする

納屋の幽霊
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています