洒落怖
角膜移植

この怖い話は約 1 分で読めます。

1994年、ルーマニアでオズロという男が右目に角膜移植をした。
翌年、彼は失踪。
彼の家の鏡、ガラス、その他あらゆる反射物は割られ、粉々になっていたという。

彼の机から、日記が発見された。
日記には移植の日を境に、ある言葉が大量に書かれていた。










この怖い話にコメントする

角膜移植
関連ワード
関連ページ
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています