洒落怖
おっさん

この怖い話は約 3 分で読めます。

しっかり「人がいる」とわかったのだ。近くに光源があるようにも
見えない。だから余計にオジギ人か誘導灯を振る看板かなと思ったのだ。

信号が変わって走り出す。相変わらず左車線を走る俺の視界の右端で
人影はどんどん近づいてきた。そして頭の中がハテナだらけで一杯になって
それから全身に寒気がはしった。アクセルをねじる手に力が入って
一気に速度を上げて、人影の横を通り過ぎる。さっきのハテナだらけの
頭の中は、今度は「やめてくれよ…なんなんだよ…」というような
つぶやきで一杯になっていた。

俺はバイク乗りなんだけど、3年くらい前に体験したやつをまとめてみた。

バイクと車は同じ道を走っているが、若干違うのはわかると思う。
タイヤの数とかエンジンの排気量とかではなく、身体がむきだし
であること、その分音や空気をダイレクトで感じられること。
かっこつけたがりのバイク乗り達は「風を感じる」なんていうが
風以外のモノを感じることも多くある。

バイクに乗りたての頃、俺はフルフェイスのヘルメットを
着けていたんだけど、音がこもって気持ちが悪く、一度死角から
飛び込んできた車に事故をもらってからは、オープン型のヘルメットか
耳が外に出るダックテールっていうタイプのヘルメットを着けている。

風切り音だけでなく、周りを走る車のエンジン音やら排気音なんかを
感じられるようになったので、ずいぶんと気が楽になった。
でも、それだけに余計なモノを見るようになったのかもしれない。

深夜に都内から俺の住んでいる県に向かって走っていたときのこと。
片側三車線の大きな環状道路(っつーか環八)を走っていると
信号待ちの先の中央分離帯に人影が見えた。時間は2時くらいだろうか。
この時間になると、さすがに時々タクシーやトラックとすれ違うか
併走するか程度で、ほとんど車通りはない。

街灯はあるけれど、広い道路なのでさほど明るくもない。
人影が見えたのは、そこは中央分離帯をまたぐ歩行者横断歩道が
あって、黄色の常夜灯がそのゾーンを照らしていたからだ。

内回り側にはマンションがあるので、深夜だからといって
歩行者がいることもおかしくはない。ただその人影が気になったのは
こちらの信号が赤ということ、つまり歩行者信号は青のはずなのに
中央分離帯に立ち止まっているからだった。

653 647 sage 2007/06/02(土) 16:09:27 ID:ndC234M50
携帯電話で話しているのかもしれないし、気にはなったが信号も
変わりそうだったので、意識を外すと俺はアクセルに手をかけて
発進準備をした。ほどなく信号が青になりバイクを発進させる。

交差点を越えて横断歩道を越えるときも、視界の片隅に人影はあって
なんとなくそちらをみた。人影はおっさんだった。
青っぽい服というか、パジャマ?かなんかを来たおっさんだった。

中型バイクとはいえ、出足はいい。通り過ぎるときには
40キロくらいは軽くでていたはずだ。そのとき俺が走っていたのは
一番左車線。おっさんが立っていた中央分離帯からは一番離れていたので
さすがに顔までは見えなかった。

この怖い話にコメントする

おっさん
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています