洒落怖
時報

この怖い話は約 4 分で読めます。

やあ (´・ω・`) ようこそ、バーボンハウスへ。
今日はテキーラはないから、サービスに一つ怖い話でもしようか。
これは、つい先月起こった話なんだけどね…

二人の高校生が居たんだ。名前は仮に…AくんとBくんとしようか。二人は、クラスも部活も同じの親友同士だ。
入っていた部活は”心霊について研究する会”。俗に言う、”オカルト研究会”ってやつだね。
そんな部活に入っていただけあって、二人は幽霊とか予言とか…そういう超心理的なものを信じる性分だったんだ。

ある日のこと。二人はちょっと急ぎ気味で帰宅中だった。文化祭の準備が長引いたせいで、帰りが遅くなってしまったんだね。
一応大通りを歩いていたから周囲は明るかった。だから…Aくんは”それ”を見つけてしまったのさ。

A「おい、B!あれ見ろよ!」
B「え、なになに?」
急いでいるとはいえ、突然見てみろといわれたら見てしまうのが人の性分だ。Bくんはぱっと指されたほうを見た。
そこには、『占』とだけ書かれた看板をかかげた小さな出店があった。そして、黒いフードを被った変な占い師が奥に座っていたんだ。
A「占いだってさ!行ってみようぜ!」
急いでいるというのに、Aくんはさっさと出店の方へ走っていってしまった。
B「おい!ま、待てよ!」
仕方がないからBくんも後を追ったんだ。今思えば、意地でも止めておけばよかったのにね。

936 名前: 時報(2) 2006/08/29(火) 17:24:33 ID:ouZ+ctOU0
占「…いらっしゃい。」
占い師は、見かけを裏切らない奴だった。お客が来たというのに顔も上げず、声もなんだか電子的な声だったんだ。
ただ、妙なことに…その声、どこかで聞いたことがある声だったそうだ。まあ、どこで聞いたかは思い出せなかったらしいけど。
A「占い、してくれるんですよね?」
Aくんは弾んだ声で聞いた。こういうのが好きだから”オカルト研究会”なんかに入ったんだ。ある意味当然なんだろうね。
だけど、話しかけられた占い師の方は、どこか遠くを見つめているようで、Aくんの声なんか耳に入ってない様子だった。
A「あの!占いやってるんじゃないんですか?」
Aくんがすこし声を荒げた。すると占い師は、唐突に口を開いたんだ。
占「7時30分・・・ちょうど…」
AくんもBくんもぽかんとしてしまった。目の前の人間が、唐突になんの脈絡もないことを言い出したんだからね。
ふとBくんは、何の気なしに腕時計を見た。時刻は7時29分。30分じゃない。まあ、そんなことはどうでもよかった。
B「おいA、帰ろうぜ。気味わりぃよ。」
A「あ、ああ…そうだな。」
どうやら占ってくれる気もなさそうだし、二人は少々拍子抜けした感じで帰ろうとしたんだ。そしたら、その瞬間…

ドン!と大きな音が響いた。二人がはっと音のしたほうを振り向くと、そこにはトラックが停車していた。
だけど、それは別に重要なことじゃない。二人はトラックの下に目を向け…息を飲んだ。
トロトロと…ゆっくり地面から染み出すように、赤い液体が流れ出ていたんだ。間違いない。血だ。
Bくんは、今度は意識的に、急いで腕時計を見た。時刻は7時30分。ちょうど10秒を回ったところだった。
B「お、おいA!」
A「!…あ、ああ!行こう!」
呼びかけられただけで何かを感じ取ったのか、Aくんもすぐに立ち去る構えを見せた。
そしたら占い師が…また口を開いたんだ。今度は、長く骨ばった人差し指を…Aくんに向けて。
占「12時…ちょうど…」

937 名前: 時報(3) 2006/08/29(火) 17:25:09 ID:ouZ+ctOU0
二人は急いでその場を離れた。二人とも真っ青だった。得体の知れない恐怖って奴を目の当たりにしたんだ、当然だよね。
自宅の近くに来るまで、二人とも黙ったままだった。でも、あまりにも重い空気に耐えられず、BくんはAくんに話しかけたんだ。
B「…あんまり、気にするなよ?」
さっきの占い師の話だった。「12時ちょうど。」占い師は確かにそう言った。Aくんを指差してね。
A「…ああ。」
暗い声だったけれど、Aくんは返事を返した。Bくんの家が見えてきたので、二人はそこで別れたんだ。

この怖い話にコメントする

時報
関連ワード
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています