子どものころの怖い話
おとうさん

この怖い話は約 1 分で読めます。

子どもの頃の怖い話。

父は、休みになると本当に一日中寝ていた。
眠そうな目をして遅めの朝食を食べ、再び布団に戻ると夕飯まで起きない。
たまの休みぐらいゆっくりしたい気持ちは、今でこそ理解できるが
まだ幼かった私は、かまってくれないことに腹を立て、よく泣きじゃくっていたらしい。

この怖い話にコメントする

おとうさん
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ