時間・空間
発信

この怖い話は約 1 分で読めます。

携帯から知らない番号に発信していた話。

日曜日は高校の頃の同級生と飲み会だったんだ。23:30頃にお開きになって電車で地元に帰った。
ある友達への用事を思い出して、電車を降りてすぐに電話をしたのね。この時は23:55だった。
2分位で用件が済んでポケットに携帯しまって、音楽聞きながら歩いて家に帰る。
ちなみに帰路につく間、ポケットの携帯は一度も出さずずっとiPodを聞いてたよ。

この怖い話にコメントする

発信
関連ワード
ホットタイトル
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています
関連ページ