本当にあった事件
事件

この怖い話は約 3 分で読めます。

24 17 sage 2011/06/13(月) 23:19:00.56 ID:oT4cCN6v0
パチ屋で知り合った女の子と結構仲良くなって、その子が知り合った当時付き合ってた彼氏と、とある理由でわかれてさ、
その後新しい彼氏が出来た後、飲み屋を始めたわけよ。
所謂、ラウンジって奴。
その新しい彼氏ってのは、まあ本職のお偉いさんだったわけ。
俺個人はその子と普通に仲良かっただけだから、連れとかとちょくちょくそのラウンジに顔出して、従業員の他の女の子とかも、それなりに仲良くなった。
ボトルも数本入れてるから、あまり金使わなくて良いんだよね。
んで、ある週末の夜、嫁さん夜勤だし暇だったんで、一人でのみに出た。
車で出て、代行に預けてさ。
最初は別の店でのんで、その店には10時30分くらいだったかな。
まあ、だいたい1時30分くらいまで普段は飲むんだわ。
ほろ酔いで店に入ったとき、店内にはわりと客がいて、カウンター俺の他に3人。
ボックスは4つ全部埋まってる。
俺はカウンターの近くで飲んでた二人組と仲良くなってかなりご機嫌で飲んでた。
いい気分で騒いで、わりとふわーっとなるくらい酔ってたかな。
そうこうしてると、後ろのボックスが結構騒がしくドタバタと出ていった。
店入った瞬間チラ見したら、夏なのに長袖来てるし、まあ、あきらかにそっち系の人達だっつーのはわかってたんで、
絶対に関わる事はないように、大人しくカウンターで飲んでよう、と、なるべく後ろは意識しないように飲んでた。
まあ、結局カウンターでアホみたいに騒いでしまったわけだが、、、。

その人達がでていってから、30~40分くらいたった頃かな。
店に一人客が来たんだけど、入って来ない。
入り口で俺の友達の子と話してんのよ。

28 17 sage 2011/06/13(月) 23:42:19.30 ID:oT4cCN6v0
んで、すぐさま俺に
「ごめん、○○ちゃん、今日はもう閉めるから申し訳ないけど帰って」
だと。
俺「いやいや、そんな急に言われても、代行もまだ呼んでないし、
まだ12時過ぎだし。」
女の子「ごめん、この埋め合わせは絶対するけ、今日はほんとごめん。」
俺「せめて代行来るまで待たしてよ。」
女の子「いや、何か今日はこの辺の店でガサ有るみたい、面倒くさいから今日はごめんね。」
俺「はー、まあ、よーわからんが、わかったわ。」
てな感じで、店を閉められた。
しょうがないので代行を呼んで、近くの飲み屋ビルの前で缶コーヒーのみながら待ってた。
来ない。
普段は10分くらいで来るのに、30分たっても
来ない。
社長に電話
社長「あー、○○さん、すいません何か検問やっとってね。すごく渋滞してます。」
俺「あーそーなんすか、飲み屋追い出されて寂しいんでなるべく早くお願いします。」
社長「はいはいー」

この怖い話にコメントする

事件
関連ワード
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています