田舎・地方の習慣
代替わりの年にその家の長男もしくは長女が死ぬ

この怖い話は約 3 分で読めます。

家系にまつわる怖い話。

これウチの話ね。
幽霊とかそういう話じゃないが、気持ち悪いのでここで書かせてくれ。

ウチ(正確にはウチの母方の家)は某県の旧家なんだけど、
本家が二つある。「ホンケ」と「ホンヤ」と言って使い分けてる
んだけど、県の北部にいくつかある菅原道真の末裔の家。
詳しく書くと素性が割れるので書かないが、各家にいくつか伝説
があるんだよ。(別に家同士親密なつながりがあるわけじゃないが)

有名なのが「三穂太郎」の伝説で、とにかく大きな人がいたらしい。
あと別の家には「敷地内で白ヘビを見ると幸福になる」という伝説。
よくわからないが、ウチの家系には白ヘビに関する伝説は多いらしい。

で、ウチの家にも当然伝説がある。

「代替わりの年にその家の長男もしくは長女が死ぬ」

っていう伝説。
なんでも代替わりの年(当主が死んだ年?)に新当主(息子)の長男
若しくは長女が死ぬって話らしい。
なんでウチの家だけそんな怖い伝説なんだよって思った。もっとも俺
からしたら母方の家の伝説だから直接関係無いんだけど、、、
お盆か正月か、、とにかく母方の親戚が集まってるときに一緒になって
聞いてしまったというワケ。
その時は「へぇー」と思って何だか嬉しかった。伝説がある家って、
そうは言ってもあんまり無いからさ。オカルト好きだし。

それから何年かして、本家(母方の家ね)の長男が結婚する段階でまた
そんな話になってさ。伝説の話なんか俺にしてみればオカルト的な一つ
のネタに過ぎなかったし、すっかり忘れてたよ。
その時も母方のオバチャン連中が何やら神妙に話しててね。小声で。
何を話しているのか一緒に聞いていたら、どうやら戸籍の話をしてる。

ーー○○が結婚したろぅ?子供ができたらウチゃアノ話があるけんどう
すりゃあ言うて話しょーったンよ。
ーーそれでも今はソンな話言うてもいけんけぇ(駄目だから)、普通に
しょうやぁ(しようよ)、いう事になってなぁ、、、

という話だった。
みんな小声でさ。とにかく口を挟み辛い雰囲気だったから黙ってたんだ
けど、後から母親に聞いてみると本家の長男(30歳くらい)が結婚する
事になって、子供が生まれた場合の戸籍申請に関する事だったらしい。

母親から聞いたときは「???」って感じだったんだけど、よくよく
聞いてみると例の長男長女の伝説の事らしかった。
当たり前だけど、長男長女が死ぬって事は家を継ぐ人間がいなくなるわ
けで、そうなれば養子しかないんだけど、古い家じゃそういうわけにも
行かないし、、という事で、この家はどうやってきたかというと、、

長男長女が生まれた場合、実の親じゃなくて、祖父の子供として申請し
ていたらしい。

戸籍上、長男も長女も祖父の養子にしちゃえば代替わりのときの凶事に
あわなくてすむからね。
それだけでも例えようも無いくらい嫌な気分になったんだよ。
古い因習をいつまでも守り続けるって良い事ばっかりじゃないな、って。

ちなみに母親は兄弟が何人かいるんだけど、長男長女はそれぞれ戸籍上
実父の子供じゃなくて祖父の子供として登録されているらしい。。。

60年くらい前まではそんな伝説もホンキで守り通してきた人たちがいる
って話。俺にとっては伝説そのものよりもそっちの方がゾッとする。

この怖い話にコメントする

「代替わりの年にその家の長男もしくは長女が死ぬ」と関連する話(田舎・地方の習慣)

代替わりの年にその家の長男もしくは長女が死ぬ
関連ワード
関連ページ
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています