師匠シリーズ
引き出し

この怖い話は約 5 分で読めます。

137 引き出し やりなおしorz ◆oJUBn2VTGE ウニ 2009/02/22(日) 22:55:25 ID:vbLvaS0Q0
大学三回生の夏だった。
早々にその年の大学における全講義不受講を決めてしまった俺は、バイトのない日には暇を持て余していた。特に意味もなく広辞苑を一ページ目から半分くらいまで読破してしまったほどだ。全部をやりとげないあたりがまた俺らしい。
ともかくそんな屈折した毎日に悶々としていたある日、知り合いから呼び出しを受けた。
かつて、都市伝説などを語らう地元の噂系フォーラムに出入りしていた時に出会った、音響というハンドルネームの少女だ。
このあいだまで別の名前でネット上にいたらしいが、「音響」時代を知る俺と二年振りに再会してからなにか思う所があったらしく、またそのハンドルネームを名乗っているようだった。
いったい何の用だと訝しく思う気持ちもあったが、黙って座っていると周囲の男どもがチラチラ視線を向けてくる程度には可愛らしい容姿をしている彼女なので、悪い気はしない。
ただその視線の半分はゴシック調で固めたそのファッションに向けられる好奇の目であったかもしれないのだが。
指定されたカレー屋で待ち合わせ、少し遅れてやってきた彼女ととりとめもない話をする。
カレー屋陰謀論という頭の痛くなりそうな理論を淡々と語る彼女に、「カレーを食べた後に犯罪を犯す人が多いというのは、単なる蓋然性の問題。それだけ食される機会の多い料理だということ」と反論すると、「蓋然性ってなに」と聞いてくる。
「蓋然性ってのはつまり、ネジにたとえるなら、その絶対量からしてバギーちゃんのかけらというよりはポセイドンの部品なんじゃないかなってことだ」と言うと、「バギーちゃんってだれ」と返される。
「ドラえもんの大長編って見たことない?」と聞くと、「ない」
そこで会話が終わった。
歳は確か俺の四つ下のはずだ。これもジェネレーションギャップなのか。

140 引き出し ◆oJUBn2VTGE ウニ 2009/02/22(日) 23:01:49 ID:vbLvaS0Q0
俺もリアルタイムではないが、普通ドラえもんの映画版はビデオや漫画で見ているのものだと思い込んでいた。
なかなか本題に入らない。イライラしてくる。
そう言えば、いまさらのようだが、この女は信用ならない。過去に、騙されて恐ろしい目にあったことが一度ならずあったからだ。
デートしよう、などというメールの文面は、こんにちは程度の意味に取るべきだろう。
心理的な壁を作ろうと、少し身を引いた時だった。急に音響が立ち上がり、「こっちこっち」と入り口に向かって手を振った。
黒い。
俺には理解できない黒いファッションに身を包んだ十六、七歳と思しき少女がやってきた。音響と同質の格好だが、もっと黒い。
そしてあろうことか髪は銀色。薄っすらパープルの口紅。そしてエメラルドグリーンのカラーコンタクト。
少女は重そうなスカートを翻して俺の前の席についた。
「るりちゃん。なんかこむづかしい字を書く」
少女は紹介に軽く頭を下げてから、その音響に顔を寄せてひそひそと耳打ちをする。
「王は留まり、王は離れる、って」
音響は頷きながらそう言った。
頭の中で字を思い浮かべる。『瑠璃』か。
それが本名なのかナントカネームなのかわからないが、とりあえずこちらも会釈せざるを得ない。
「で、なにこれ」
俺の言葉に音響があっけらかんと言う。
「紹介するって言ったでしょ」
頭を抱えそうになる。
あれか、ともだちを紹介するってやつ。確かにそんな話をした覚えがあるが、俺は別の世界の人間とつきあう自信はない。なにより俺には今、特定の相手がいる。
142 引き出し ◆oJUBn2VTGE ウニ 2009/02/22(日) 23:06:05 ID:vbLvaS0Q0
困惑した顔を隠さない俺に、瑠璃ちゃんとやらは目をぱちぱちと瞬いて、哀しそうな表情を見せた。
もっともそれが怒っている顔だと言われたらそうとも見えてしまうだけの、微妙な変化に過ぎなかったのであるが。
「紹介するって言ったの忘れた? メチャ可愛くて困ってるともだち」
ちょっと待った。
修飾語が一つ増えてる。紹介されるのは確か、「メチャ可愛いともだち」だったはずだ。
「困りごとの相談がある?」
黒いのが二人して頷く。
きた。
こんなことだろうと思った。音響は俺のオカルト道の師匠並みに、あやしいものへ首を突っ込みたがるフシがある。そしてその尻拭いをこれまでに二度してしまったのが運の尽きで、どうやら懐かれてしまったのかも知れない。
「ちゃんと言ったでしょ。可愛くてメチャ困ってるともだち紹介するって」
修飾語の順番が変わった。
猛烈に嫌な予感がする。
注文したカレーが来たので、とりあえず食べることにした。
これが本格的というやつなのか、やたら具が少なく複雑なスパイスの風味が鼻に来る。
俺は目の前で黙々とカレーを食べている二人の少女を窺う。あんな服どこで売っているのだろうか。それに、服に合わせた化粧をしているようだが、外に出るたびにこれではさぞや時間が掛かることだろう。
瑠璃と名乗る少女が、ふいにスプーンを持つ右手を止めて「迷惑ですか」という目で問いかけて来た。
はっきり「そうだ」と言えないあたり、自分で自分が嫌いになる。
それにしても、その黒ずくめの服装に白い肌、銀色の髪に緑の目と揃うとまるで人形のようだ。音響の方がまだしもファッションの枠の中で留まっている気がする。

この怖い話にコメントする

「引き出し」と関連する話(師匠シリーズ)

引き出し
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています