オカルト版まとめ
一人暮らしの怖い話

この怖い話は約 3 分で読めます。

1 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/11(木) 23:55:12.56 ID:YIlTonjT0
真夜中ベッドに寝ていると、誰もいないはずの台所から足音が…
実はいわくつきのアパートに住んでいた…

などなど心霊的なものから

夜帰宅してみると朝と花瓶の位置が違う…
真夜中に玄関のノックが…真夜中に無言電話が…

などなど人為的なものまでいろいろ聞かせてください…
6 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/12(金) 02:23:14.77 ID:+tan1pFJ0
一昨年引っ越した板橋のワンルーム。

向かいは一軒家。
80代のババアとヌルッとした顔の独身60代の娘ババアが住んでる。
近所じゃ基地害と評判だったが知らずに挨拶したのが運の尽き。
出勤と帰宅に待ち伏せされ必ず挨拶。
強制的に挨拶。
ある日意味不明な事を良いながら部屋に入れてくれとWババアの攻撃。
丁重かつ曖昧に断り、翌日から出来る限りスルーで防御を始めると…基地害の攻撃。
以来、毎日毎日何かしらゴミを玄関前に棄てられた。
泣く泣く貯金はたいて引っ越し。
賃貸だからマシだけど、もし新築購入した持ち家で隣人が基地害だったら…。

22 : 本当にあった怖い名無し : 2011/08/14(日) 18:21:56.13 ID:jOeTsMojO
一軒家に住む独身30男なんだが、事あるごとに、大家であり隣に住む独身50女が家に来る

さっきも、玄関のチャイムが鳴り嫌な予感がしつつ、玄関の方見たら磨りガラス越しに真っ赤な服着た女が立ってて身震いした

気持ち悪いのと面倒くさいのとで寝たフリこいてたら、案の定玄関横の大窓から入って来やがった

俺は扇風機にあたりながらパンツ一丁で寝てる状態

わざとらしく、「夏バテで倒れてないかー?大丈夫かー?」とか言いながら近づいて来る
適当に、「大丈夫です。疲れてるだけです」とあしらう

「玄関前の電気がついたままだから、どこか行ってはるのか、倒れてはるのかと思ってなー」といつも通りの台詞。夜は玄関の電気点けろと言われてるんで、面倒でそのままにしてしまうことがよくある
「ほんでこれから散歩行くんで一緒にどうかと思ってなー」
何が悲しくてこんなクソ暑い中ババアと散歩だよ却下
「いや疲れてるし今日は後から人来るんで」

「あーそうかー。身体気ぃつけてなー」と出て行った

この怖い話にコメントする

一人暮らしの怖い話
ここ1週間でよく見られています
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています