学校の怖い話
学校内の開かずの間

この怖い話は約 5 分で読めます。

俺の通っていた中学校は、団塊ジュニア世代が大量入学するのに備えて新たに設立されたため、学校の校舎はかなり大きな建物であった。
しかし俺が通っていた頃には既に生徒数も減少し、幾つもの空き教室が存在した。
その学校自体が丘陵地の斜面に建てられていて校舎へ入る玄関は建物の2階部分、また校庭もその2階部分と同じ
高さにあり、空き教室は全体的に日当たりのよくない北校舎の1階部分に集中していた。
1階の空き部屋は5つもあり、そこには使われない卓球台とか大きな地図版とか体育祭や文化祭で使った様々な用具が無造作に置かれ物置と化していた。
そしてその5つの空き教室は全て扉が外から施錠されており、立ち入り禁止となっていた。
 だが、5つあるうち2つの教室は廊下側の窓の鍵が開いていたので、それを知っている一部の生徒が無断で侵入して
隠れてタバコを吸ったり、シンナーやっていたり、中にはそこでセッ**をするツワモノもいた。
 これらの5つの部屋は全て、廊下側も外側も窓に黒いカーテンが掛かっており、入れるほうの2つの部屋も
このカーテンをキチッと閉めてしまえば外から分からなくなる。
又、その2つの部屋に入った後、廊下側の窓の鍵を内側から閉めてしまえば、後から来る邪魔者も防げて隠れて何かワルサするのに便利だった。
 もっともこんな退屈な場所、普段みんな遊びに行かなかったけどね。

俺もたま~にこの2つの入れる空き部屋に行ったことがある。
大概は部活をサボっての暇つぶしで、友人と
一緒にちょいとタバコを吸ったり(時効)エロ本持ってったり、ビール持ち込んで菓子食いながら酒盛りしたりしていた。
 これらの部屋は一応電気も通っているのだが、外が暗くなってから電灯を点けると教師にバレてしまうので、
日のあるうちはカーテンをちょっと開けて外光を取り入れたりしていた。
が、どっちにせよ部屋は北向きで暗いし、外はすぐに木々の生い茂った丘陵の上り斜面が迫っており鬱蒼とした雰囲気。
あまり長居したくない場所だった。
 ここについて生徒間では、元々墓地だったとか、戦国時代の古戦場だったとか、そのため幽霊が出るだとか
噂されていたが、実際は別にそんな場所ではなかった。
(余談だけど隣町に結構有名な心霊スポットがあり、そっちの方が知られていた)
 ところがある日、あの空き教室には何かいるんじゃないかって噂が立った。曰く、カーテンに位置が前日から
少し変わってるとか、夜中に学校の傍を通りかかった時、窓に薄明かりが灯り、ゆらゆら揺れる人影が見えたとか、そういう話だった。
 だがそれは、我々生徒が侵入できる2つの部屋の方じゃないのか・・?カーテンの位置が変わっていたのも外光
を取り入れるために動かした奴がいるんじゃないのか・・?夜の明かりだって人を脅かすためのデマか、本当
だったとしても多分夜中にあの2つの教室に入ったか、残ってたかしてたんじゃないのか・・?俺自身、友達と
一緒に夜中にこの2つの部屋に肝試しに行ったし・・・。

 ところがその「噂になった部屋」は、生徒が無断侵入できる2つの部屋の方ではなく、完全に閉ざされ侵入
出来ない3つの部屋の、一番奥だという・・・。まさかね~。
 結局生徒の噂もあったし、ちょうど一学期の終わりで夏休みを迎える時期であり、大掃除がてらちょいと
調べてみようかということになった。
 運が良いのか悪いのか、その「開かずの間」を掃除することになったのは俺のクラスだった。
たまたま「開かずの間」の管理を担当していたのが俺のクラスの担当だったからだ。
 放課後、我々はその「開かずの間」に向かった。クラス全員で行ったのではなく学年全体で学校中のあちこちの
掃除を分担することになっていたため、その「開かずの間」へ行ったのは俺を含めて10人ほどだった。
 「開かずの間」ではない最初の2つの部屋には特に異変は無かった。
もっとも大量に発見されたタバコの吸殻やビールの空き缶などは先生にとっては十分「大異変」であった。
(後に全校集会でこってり絞られることになる)

 そして遂に、本当の「開かずの間」である・・・。
 3つある「開かずの間」のうち最初の2つは別に何とも無かった。様々な用具が雑然と置かれていて、
誰も侵入した形跡がないのは部屋全体に一様に降り積もったホコリの量からも明らかだった。
 ・・・そして残る最後の部屋・・・一番奥で、一番北で、一番薄暗い部屋・・・。実はそここそが例の
噂が立った曰く憑きの「開かずの間」である・・・。
 先生が扉の鍵をガチャガチャ音を立てながら開けた・・・。
 元々校舎全体の陰にあって薄暗い場所である上、真っ黒なカーテンで窓を全て閉ざされているため部屋は
闇に包まれていた・・・。そして、何と言っても鼻に付くすえたようなニオイ・・・。
 なんだ・・・このニオイは・・・?
 俺は一番に部屋の中に入った。なんか好奇心で勢いづいてしまったのだ。後に続いた先生が部屋の明かりのスイッチをONにした。
 ・・・・何だこれは!!・・・・(岡本太郎風に)
 そこにはボロボロになった布団らしきモノ、煮しめたように汚れた作業服らしきモノ、ウイスキーの空き
ボトルや、開けられて残った中身が腐りきった缶詰、なぜかボロい鍋や汚れた皿なんかもそこにあった・・。
週刊誌やエロ雑誌、ボロボロの歯ブラシ等日用品も散乱していた。
壁から壁にボロいロープが張られ、そこには汚れたタオルやシャツや下着類が吊るしてあった。

この怖い話にコメントする

「学校内の開かずの間」と関連する話(学校の怖い話)

学校内の開かずの間
ここ1か月ででよく見られています
サイト内でよく見られています